家のでかい蜘蛛は駆除しちゃダメ!ゴキブリ対策になるんです!

蜘蛛 虫対策の知恵

スポンサードリンク

春になると、植物も昆虫も目覚めの季節。
人間も、気持ちよい風を取り込もうと窓を開けてリフレッシュ!

でもその頃になると、家の中で良く蜘蛛を見かけるようになりませんか?
特に自然が多い地域では、どこからともなく入ってくる蜘蛛はなかなか防ぎづらいものです。

だからと言って、むやみに殺生したりしてはダメ!
昔の人は「蜘蛛は神様の使い」と言い、決して殺さなかったのですよ。

それは、蜘蛛は家の中にいる害虫を捕食して、減らしてくれるからなのです。

※蜘蛛の画像を掲載してありますので、抵抗がない方にはこの記事をオススメしません!!

家にでっかい蜘蛛がいたらラッキー!?

チエばあ
普通の蜘蛛じゃぜんぜん驚かないあたしでも、あの蜘蛛の大きさにはびっくりしたねぇ

さて、家の中で良く見かける蜘蛛といえば、こちらを思い浮かべる方が多いのでは?

andanson引用元:f.hatena.ne.jp

この黒くて小さい蜘蛛は、「アダンソンハエトリグモ」

ハエなどを捕食してくれる、益虫なのです。
ぴょこぴょこした動きがかわいく、家蜘蛛の中でも人気ものです。
詳しくはこちらの記事にまとめていますが、みかけたらそっとしておきましょうね。

一方、家の中に突如、でっかい蜘蛛が現れることがあります。
ちなみに、こんな蜘蛛。

アンダンソンハエトリ引用元:www.ishidashiki.sakura.ne.jp

こんな大きな蜘蛛、テレビで見るタランチュラみたいに危険なのでは!?
と、ビックリしてしまいますよね。

でも、大丈夫。この蜘蛛も、家の害虫を捕食してくれる、ありがたい益虫なのです。
名前は「アシダカグモ」といいます。
その名の通り長い脚が特徴で、大人の手のひらサイズとかなり大きい蜘蛛です。

蜘蛛の巣を張らないので、天井が汚れることもありません。

では、その驚異の能力を見ていきましょう。

スポンサードリンク

ゴキブリの天敵であるアシダカグモ

チエばあ
アシダカグモさんを追い払わないほうがいい理由はここにあるんじゃよ

さて、見た目は大きいし怖いし人間に危害を加えそうなアシダカグモ。

でも、安心してください。
まず人間を襲うことはなく、毒もありません。
無理につかんだりしない限り、噛んでくることもないのですよ。

ですが、それは自分よりも大きな動物に対しての話。
アシダカグモは、自分より小さな虫などを捕食する、優秀なハンターなのです。

特に、家で見かけるアシダカグモの主食は「ゴキブリ」
体は大きいけれど動きはかなり素早く、あっという間にゴキブリを捕まえてしまいます。

また、好奇心旺盛な性格で、次々と獲物を捕らえていくのも特徴です。
そのため、アシダカグモが家に2、3匹いれば、半年でその家のゴキブリはいなくなるとも言われているのですよ!すごいですよね~!

つまり、アシダカグモを家で見かけたら、ゴキブリもいるということなのです…。

知恵ばあは、その事実に気づいた時の方がショックでした。
だって、ゴキブリは「1匹いれば100匹いると思え」とも言われますし…。

蜘蛛が苦手で、どうしても耐えられないなら

チエばあ
益虫とはいえ、どうしても苦手なら仕方ない…

それでも、蜘蛛の見た目がどうしても耐えられない人もいるでしょう。
それなら、ゴキブリがいたほうがまだマシという人…、仕方ありませんが、その場合は蜘蛛を駆除するしかありませんね。

素早いとはいえ、体が大きいのでハエタタキなどで駆除したり、捕まえて外に逃がすことはできます。

でも、家の中にエサ(ゴキブリ)がある限り、また戻ってきてしまうのです。
ですから、出来ればしばらくそっとしておいて、頑張ってゴキブリを捕食してもらいましょう。

エサがなくなれば、アシダカグモも自然と家から離れていきますから。

ほかにもこんな虫が家にいるかも!?

アシダカグモの生態まとめ

アシダカグモの生態についてまとめておきましょう。

アシダカグモは、漢字で書くと脚高蜘蛛。その名のとおり長い脚が特徴の蜘蛛です。

大きな体が特徴で、メスは30センチを超えることもあります。
オスのほうがちょっと小さくて、10~25センチ。それでも十分大きいですね。
メスが大きいのは、昆虫界ではよくあることですものね^^

日本に生息する中では、最大級の蜘蛛です。
アシダカグモのほかにも、オオハシリグモという大きな蜘蛛がいるそうですが、
これは南西諸島だけで見ることができるのだとか。

ちなみに、こんな姿をしているそうです。わぉ!!

oohasirigumo
出典:https://blog.livedoor.jp/

もともと日本にいたかというとそうではなく、外来種だそう。
インドからやってきたといわれていますが、暖かい地域には世界中に生息しています。
輸入した荷物に紛れこんでいたとか、ゴキブリ駆除のためにあえて日本に連れてこられたとか、諸説あるようです。

夜行性で、夜になると姿を現します。
主食のゴキブリも夜行性なので、夜はアシダカグモ VS ゴキブリの戦いが繰り広げられているのですね。

害虫を駆除し、さらに人間はめったに噛まない益虫であるアシダカグモ。
見た目さえ我慢できれば、上手に付き合っていけると良いですね。

スポンサードリンク