白髪が治る食べ物はアーモンド?身近な食材を紹介

スポンサードリンク

白髪が治ると話題になった食べ物がアーモンドです。

話題になった時、試したことがある人もいてるのではないでしょうか!

白髪になぜアーモンドが効果があるのか?他にも白髪が治る食べ物があるのか?調べてみますね。

どうして白髪はできるの?

前髪白髪 原因は?

白髪が治るのか?の前にまずはどうして白髪ができるのか?を説明しますね。

毛髪の色は、黒色メラニンと黄色メラニンの2種類のメラニン色素で決まります。

この2つのメラニンが組み合わさって色がきまるのです。

白髪というのは、この2つのメラニン色素をどちらも含んでいない状態なのです。

原因は、加齢などによりメラニン色素を作り出している色素細胞(メラノサイト)が衰えたり低下したことで起こります。

他にも、メラニン色素を生成するのに欠かせない酵素(チロシナーゼ)の量が減ってしまうことで白髪になる場合もあります。

加齢によって減少や欠乏することで白髪になるのが1番多いです。

スポンサードリンク

加齢とは違う?若白髪の原因とは

白髪の原因で1番多いのが加齢ですが、それだけでは納得いかない部分もありますよね。

若白髪という言葉もあるぐらい、若い人が白髪になるケースも多いです。

年代が若いのですから原因は加齢ではありませんよね。

では、若い年代でなる若白髪は何が原因なのでしょうか?

加齢以外で白髪になる原因はいくつか考えられます。

● 遺伝

10代~20代に白髪が出はじめる人は遺伝的な要因が強いといわれています。

身内に白髪が多い人がいると、白髪になるケースも多いようです。


● 紫外線の影響

紫外線は私たちに悪影響を与えているのは、誰もが知っていることですよね。

その影響が髪に出るのも当然のことで、紫外線が頭皮にダメージを与え、メラニン色素を作り出しているメラノサイトに悪影響を与え、白髪を引き起こしている可能性は高いです。


ストレス

精神的なストレスで白髪になると聞いたことがあります。

ストレスと髪の毛の関係は深く、白髪だけではなく薄毛やハゲなどにも影響がでるといわれています。

ストレスがかかると毛細血管が収縮して血行が悪くなり、細胞の働きを低下させてしまい白髪になってしまいます。


● 栄養不足

髪の毛はタンパク質が8割を締め、ビタミン・ミネラル・水分・脂質で作られています。

その中でも、ビタミンやミネラルが足りていない場合が多く、不足することで、健康な髪が育たなくなり白髪にもなりやすくなります。

白髪が治る食べ物としてアーモンドが話題に

アーモンドは、白髪が治る食べ物として話題になりましたよね。

私も白髪で悩んでいたので、聞いたときはアーモンドをよくつまんでいました。

アーモンドは腹持ちが良いので、私は白髪&ダイエット効果も一緒に狙って食べていました。

その時は「白髪に良い」と聞いたので、理由も知らずに食べていたのですが、なぜ?アーモンドが良いのでしょうか?

アーモンドには、「銅ミネラル」という栄養素が含まれています。

この銅ミネラルは、血液中の赤血球を助ける働きがあり、血行促進が期待できます。

さらに、体内に入ると酵素となって活性酸素を除去してくれます。

体内で活性酸素が増えすぎると、メラノサイトや毛母細胞を酸化して破壊してしまい白髪になるので、その活性酸素を除去してくれる銅ミネラルは白髪対策には必要な栄養素の1つなのです。

アーモンド以外のオススメは?

アーモンドに含まれる「銅ミネラル」が摂取できる食材は他にもあるので紹介しますね。

カシューナッツ・かぼちゃんの種・クルミ・牡蠣・レバー・アボカドなどがあります。

他に簡単に摂取できるものでおすすめは「黒ゴマ」です。

黒ゴマにも銅は含まれているのですが、他にもビタミンEやビタミンB1・B2・タンパク質・亜鉛など栄養素がたっぷり含まれています。

黒ゴマに含まれている栄養素はメラニン色素の欠乏を防いでくれるので、白髪対策にはもってこいの食べ物だといえます。

スポンサードリンク