鼻の中のニキビやかさぶたが治らない!理由や対策は?

健康の知恵

スポンサードリンク

鼻の中にニキビができて、なかなか治らないときありませんか?かさぶたになって、それがはがれてまた同じ場所にニキビができてしまうこともあります。今回は、鼻の中のニキビやかさぶたが治らない理由や、対策について調べてみました。

スポンサードリンク

鼻の中 ニキビはなぜできる?

鼻の中のニキビ なぜ
鼻の中にニキビができる理由として、汚れた手で、鼻の中を触ることにより、細菌が鼻の穴に入り、炎症を起こすことによりできると考えられています。

それ以外には、鼻毛を抜く癖がある場合、その毛穴から細菌やほこり、雑菌が入って炎症を起こすことも言われています。鼻炎や花粉症により、粘膜に傷がつき、ニキビができやすいこともあります。
ホルモンバランスの崩れや、不規則な生活により、ニキビができやすくなります。

それ以外にもできる原因として、身体の疲れなどがあります。
食生活の乱れやストレス、睡眠不足も、大きく関係しています。

鼻の中にも鼻毛の生えている所に、毛穴は存在しています。その毛穴から皮脂がたまり、その皮脂を餌とするアクネ菌の増殖により、鼻の中にニキビができてしまうこともあります。

ニキビだけでなく、黄色ブドウ球菌も繁殖し、化膿の原因となります。

スポンサードリンク

鼻の中 ニキビやかさぶたがなかなか治らない理由

鼻の中のアレルギーや鼻炎などの原因があると、常時炎症状態が収まらないことにより、治らないことが多いです。
炎症するおおもとの原因を究明し、その部分の治療をすることにより、改善することがあるため、まずは、原因を突き止めましょう。

どうしても、むずがゆかったりすると、気になって触ってしまいますよね。
触ることにより、炎症を起こすことも治らない原因となります。とにかく、できてしまったら鼻の中が気になっても、触らないようにすることです。

かさぶたができていて気になって触ると、化膿もしますし、毛細血管が切れて、治りにくくなることも多いです。
かさぶたができてもとにかく、触らないように気を付けましょう。気にして触ると雑菌が入るだけでなく、悪化する一方ですので鼻の中の衛生もきちんと保つことが必要となってきます。

鼻の中 ニキビにおすすめの薬は?

まず第一に万能薬のオロナインです。
1日2回炎症を抑える効果もあるのでぜひ使ってみてくださいね。
鼻の中のニキビ オロナイン

それ以外には、ペアアクネクリームです。
殺菌効果や抗炎症作用があるため、お勧めです。
ペアアクネクリーム 鼻ニキビ

塗り方も、注意が必要で、綿棒で塗ってくださいね。手で塗っていると、鼻の中に傷ができてしまい、炎症起こしてしまいます。常に、指の爪は短く切り、ひっかいたりしないように注意しましょう。

ニキビでない場合もあるため、耳鼻科で見てもらい、軟膏をもらうのも1つです。

市販薬でそれ以外に効果の期待できそうなものは、フルコートF軟膏テラコートリル軟膏となります。
但し、この2つは抗生物質とステロイドが含まれているため、非常によく効きます。しかし、本当にニキビなのか何なのかわからない場合は、自己判断はとても危険ですので、必ず、受診して病院でお薬をもらうほうが良いです。ヘルペスが鼻の中にできることがあり、その場合はステロイドは逆効果となってしまいます。

できるだけ早い時点での判断であれば、痛みを我慢する期間も短くなります。症状にあった、治療薬をなるべく早く見つけ、早い段階で治るような手だてを見つけましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク