ひびやあかぎれの原因は?自分でできる対策や治療、治す方法について

健康の知恵

スポンサードリンク

冬になると、空気が乾燥してカサカサ…。

そうなると、気になってくるのが
手のあかぎれです。

あかぎれの原因と治療方法

知恵ばぁも毎年あかぎれには
悩まされていますが、病院には
いかずに自分で対策したり、自宅で
治療することが多いです。

今日はあかぎれの原因や、
自分でできる対策、治す方法に
ついてまとめました。

あかぎれの原因はなに?どうしてひび割れるの?

スポンサードリンク

あかぎれとは、皮膚が割れて血が
出たり、かゆくなる症状です。
ぱっくり赤く割れて見えるのは、
皮膚の真皮までひびが入っている
から。血管が透けて見えるので、
赤く見えるのです。
ちょっとびっくりしますよね。

ひびとは、あかぎれになる一歩
手前の状態で、皮膚の表面が
割れている状態です。
カサカサの「乾燥肌」のことですね。

夏にあかぎれになる人は少ないと
思います。あかぎれの主な原因は
お肌の乾燥です。
なので、空気が乾燥する冬にあかぎれ
やすいのですね。

自分でできるあかぎれ対策

bd4d8efbb67d3a44ca6b7446d58a51ac_s

あかぎれを防ぐには、予防と治療
が大切です。
自宅でできるケアをご紹介します。

あかぎれの予防方法

一度あかぎれになってしまうと、
治ってもまた同じ場所があかぎれ
しやすくなります。

なので、できるだけあかぎれを
作らないように予防することで、
快適に冬を過ごすことができます。

大切なのは”乾燥させない”こと!

そのためには、まずは保湿です。
ハンドクリームをこまめに塗る
のはもちろん、
女性の場合は、顔に化粧水を塗る
ついで、手にも化粧水をしみこませましょう。

そのあとにクリームを塗ると、
潤いが与えられるのであかぎれ
しにくくなりますよ。

また、なるべく水にぬらさないことが
大切です。

特に、お風呂掃除食器洗い!
主婦は毎日することですが、
ここでゴム手袋を使うだけで、
あかぎれはかなり起こりにくく
なります。

面倒だから…とついつい素手で
やってしまいますが、なるべく
ゴム手袋を使うようにしましょうね。

あかぎれを自分で治す方法は?

スポンサードリンク

あかぎれができてしまったら、
なるべく早く対策をしましょう。
放っておくと直りが遅くなったり、
周りにどんどんあかぎれが広がって
しまいます。

自分でできる治療方法をご紹介します。

こまめに保湿をする

乾燥を改善して皮膚を柔らかく
することで、ぱっくり割れたあかぎれ
が改善されます。

そのためには、こまめにハンドクリーム
を塗ることが大切!
なるべくちょこちょこ、気づいたら
塗るように心掛けましょう。

知恵ばぁお勧めのハンドクリーム
・ニベア(青缶)
・オロナインH軟膏
・ユースキンクリーム
です。

こういうときは、昔からあるものが
結構心強い!
何気に、@コスメの口コミも、
こういった商品は評価が高い
実力派なのですよ♪
ドラッグストアで安く買えるので、
バッグに1つずつ入れておくと
安心です^^

ワセリンもよいですが、個人的には
ベタつきが気になるので、夜寝る前
だけ使っています。

あと、応急処置に便利なのが
リップクリームです。
外出先でハンドクリームを忘れた
ときなど、リップクリームをちょっと
幹部に塗っておきましょう。

乾燥させないよう、手袋をつかう

31b8fb858994f4e7322ad068da7e3bf0_s

保湿をしても、どうしても空気が
乾燥していると治りが遅くなります。

また、乾燥するとかゆみがひどくなる
ので、かきむしってさらにあかぎれを
悪化させることに…。

なので、手袋の着用がおすすめです。

家事の時はゴム手袋を必ずつけましょう。
また、寝るときには、寝るとき専用の
保湿手袋が売っているので、つける
ことをおすすめします。

寝ている間に、かゆくて無意識に
かきむしっている方もいるでしょう。
その予防にも、手袋は効果的です。

洗剤やシャンプーを見直そう

乾燥と同じくらい、あかぎれに
ダメージを与えるのが洗剤です。

最近では、食器用洗剤シャンプーも、
洗浄力が強すぎるものが多いようです。

そういったものを使っていると、
一番ダメージを受けるのはなのです。

そんな方は、洗剤を薄めて使ってみたり、
手肌に優しいものに交換すると、
あかぎれが改善しますよ。
知恵ばぁも、エコな洗剤に変えてから、
手の乾燥が本当にマシになりました。

ひびやあかぎれにお悩みでしたら、
ちょっとずつ生活を見直してみては
いかがでしょうか^^

スポンサードリンク

スポンサードリンク