夏バテの症状は眠気や吐き気?解消対策はコレ!

健康の知恵

スポンサードリンク

暑い日が続くと、なんだか体がだるくなったり体調が悪くなったり。それは夏バテの症状かもしれません。
眠気や吐き気などが出る場合もあります。解消対策をして、夏を元気に乗り切りたいですね。

スポンサードリンク

夏バテの主な症状

夏バテ 解消方法
夏バテの主な症状として、自律神経の乱れによる吐き気や下痢・頭痛などがあります。

温度差による食欲不振脱水症状も夏バテの症状の1つとなります。
微熱や体のだるさも出てきますね。

夏バテは重症化すると、意識障害やけいれんなどを引き起こし、手足の運動障害や言動行動もおかしくなったり、過呼吸やショック症状も起こります。

だるさや倦怠感なども夏バテの症状の一つとなりますよ。
いつもと違う感じがあれば、すぐに病院を受診しましょう。
免疫低下を起こしてからでは、遅いですので、なるべく早めの処置が大切です。

下痢などを起こしている場合は、下痢止めなどを使って無理に止めないようにしましょう。
滞留時間が長いと、逆にひどくなるため、なるべく早めに出し切るほうが治りは早いです。

スポンサードリンク

夏バテの解消や対策は

夏バテ解消するためには、まず、こまめに塩分や水分をとり、身体の体温が上がり過ぎないように、冷やしましょう。
但し、冷たすぎるものを取り過ぎないように注意しましょう。

食欲不振などになっている場合は、胃が弱っていることもありますので、胃に負担をかけるのはNGです。
柑橘系の飲み物炭酸ジュースなどは控えておきましょう。
夏バテに悪い飲み物

主に、太い血液の通っている首元や脇、太ももの付け根などを冷やすと効果的です。
冷えすぎていないスポーツドリンクを摂取するのが理想的です。

夏バテしないようにするためには、良質の食事と睡眠が必要です。良く寝るようにしましょう。
栄養ドリンクなどを飲むのも有効な方法となります。
無理に、夏バテしているときに食事をとろうとしても、取れないことが多いですね。
基礎代謝をあげれるようになるまでは、ゼリーやのど越しの良いものをたべ、とにかく脱水症状を回避するように気を付けましょう。

少し元気になり、食べれるようになったら、少しずつ、体力回復できるような食事をしていきましょう。

夏バテに良い飲み物、食べ物

ビタミンB1などを多く含む食材を積極的に摂るのが良いです。
ウナギタイほうれん草大豆などもよいですね。
夏バテ うなぎ

夏野菜を積極的に摂るのも効果的ですよ♪ゴーヤやアスパラ・トマトやカボチャなどです。
季節の野菜には、その時期の体を調節する機能が備わっています。旬なものはおいしいだけでなく、体にも良いのですね。

豚肉などもスタミナがつくため、夏バテの改善には最適ですのでたくさん食べましょう。
ポン酢でさっぱり食べるのが良いですね♪

梅干し酢の物など胃腸の働きを整えて、血流をよくしておきましょう。
こうしたおかずから、上手く塩分やカリウムを摂取することが出来ます。

バナナなどは、夏バテしていても、エネルギーになりやすく、そして、食べやすい果物です。
南国のくだものですので、体を冷やしてくれる効果もあります。
食べられなくても、ジュースにしたり凍らせてアイスにしたり、いろいろ工夫ができますよ。

オクラや山芋なども、ごはんと一緒に食べるとよいでしょう♪
玉ねぎやカツオなども効果期待できます。
カツオには、良質のたんぱく質などが多く含まれているため、疲労回復にもなり、玉ねぎのスライスと一緒に食べることで効果は倍増しますよ♪
一緒に食べれる、かつおのたたきなどいかがでしょうか。

 

夏バテをしないように工夫して食べ物をとるように心がけましょうね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク