お風呂掃除、床の黒ずみ&天井のカビ対策にはクエン酸や重曹が良い!

掃除・洗濯の知恵

スポンサードリンク

お風呂掃除 頻度

お掃除好きな知恵ばぁも、ついつい後回しにしてしまうのがお風呂掃除

掃除すると気分がスッキリするのですが、水を使うし結構全身運動ですし…、
なるべく楽に済ませたいものです。

掃除嫌いな人こそ、毎日掃除すべきだというのが持論ですが、なかなかそうはいかないもの。

今日は、こびりついた頑固な汚れや、見落としがちな天井のカビ対策についてまとめました。

スポンサードリンク

お風呂掃除に便利な重曹とクエン酸

まず、お風呂掃除には洗剤が必須ですが、
頑固な汚れにおススメなのが重曹とクエン酸です。

どちらも食品としても使われる成分ですので、安心&環境にも優しい♪

重曹はアルカリ性。
皮脂汚れは酸性なので、床やタライの黒ずみ汚れに効果があります。

一方、クエン酸は酸性。
鏡や蛇口にこびりついた白い水垢は、
カルシウムやマグネシウムなど金属系の物質が固まったもの。
これには酸性が効果的です。

上手に使い分けて、お風呂掃除上手を目指しましょう♪

以下、具体的な場所と方法をご紹介します。

スポンサードリンク

頑固なお風呂床の黒ずみには

お風呂の床の汚れといえば、まず発生するのはピンクぬめり

これは酵母菌の一種で、スポンジでこすればすぐに落ちますよね。

ただ、床やイス、たらいなどに黒い汚れがこびりついてしまうことがあります。

これは湯垢や水垢が蓄積されたもの。

ちょっとこすっただけではなかなか落ちにくいものです。

落とし方はいくつか方法がありますが、以下がおススメ。

メラミンスポンジでこする

スポンサードリンク

手っ取り早い方法は、メラミンスポンジを水にぬらしてこする!

有名な劇落ち君や、100円均一でも売っているものでもOKです。

ただし、メラミンスポンジは固い繊維で汚れをこそぎ落とすので、
こすった部分が傷ついてしまうこともあるので要注意。

また、強くこすりすぎて傷が複数つくと、
そこに汚れが入り込んでさらに汚れやすくなってしまうことも…。

メラミンスポンジでのお掃除は、これからこまめに掃除する!という覚悟が必要かも。

重曹をクレンザー代わりに使う

普通の洗剤では落ちにくい汚れも、重曹を効果的に使いましょう。

①まず、掃除したい場所とスポンジをシャワーなどで濡らします。

②黒ずみに、重曹の粉を振りかけます。

③スポンジでこすります。

これで、重曹の粉がクレンザーの効果を発揮し、酸性の皮脂汚れを分解していきます。

また、最近は重曹の10倍の洗浄効果があると言われる、セスキ炭酸ソーダも話題です。
100均などでも購入できるので、おススメですよ。

さらに頑固な汚れにはクエン酸も

重曹でも汚れが浮かない場合は、水垢も蓄積している可能性が。

その場合は、クエン酸を使用します。

使用方法は、重曹と同じ手順でOK。

お試しくださいね♪

スポンサードリンク

天井のカビ予防は、クエン酸で!

湯船につかってふぅ~と一息。

そのまま天井を見上げると…カビてる!

これではせっかくの気分も下がってしまいますね。

お風呂の天井は、湿気がたまりやすくカビが生えやすいスポット。

一番の予防は、お風呂から出るときに水分を拭き取ることですが、
なかなか毎日できないですよね。

換気扇をつけっぱなしにするのも効果的ですが、

もうひと手間でぐっとカビを予防しましょう。

お風呂の天井掃除におススメなのが、
フロアワイパー+クエン酸!

床掃除につかうクイック〇ワイパーなどのシートに、
水に溶かしたクエン酸を含ませて装着!

そして天井をふくだけ!

これでカビ予防にも一役買います。

また、最近よく売っている、天井に取り付けるタイプのカビ防止剤

これ、知恵ばぁも使っていますが、本当にカビが生えなくなりました…!

文明の利器に素直に頼るのも、ひとつの手です。

★重曹は他にこんな使い方も!
⇒重曹入浴剤の美肌効果や作り方は知らなきゃ損!あさイチでも紹介♪

⇒トイレ掃除に重曹やクエン酸を♪臭いや黄ばみ対策に

⇒重曹とベーキングパウダーの違いと使い方は?

⇒エコキュート風呂釜掃除の方法は?頻度や洗剤、重曹について

⇒重曹は洗濯にも♪方法や、臭い色落ちは大丈夫?

 

スポンサードリンク