爪水虫の画像 黒いのは末期?ほかの病気の可能性は?

健康の知恵

スポンサードリンク

こちらの記事では、爪水虫の画像 黒いのは末期?ほかの病気の可能性は?についてご紹介していきます。

他人に移ってしまう細菌を自分がもっていたら大変ですよね。

そういうとなんだか怖い感じがしますが、他人に感染する菌といえば「水虫」もそのひとつ。

水虫は、自分にかゆみがあり、気づきやすいですがあまり症状がない場合は、自分が感染しているのにも気づかない場合があります。

なかでも爪水虫は、自覚症状がなく進行してしまう水虫です。

爪水虫は症状にかゆみや痛みなどがないため気づきにくいと言われています。

しかし、見た目で自分で判別できるので、たまには自分の足の爪も確認してみましょう。

※知恵ばぁ愛用の爪水虫薬はコレ
>>クリアネイルショット

爪水虫の症状とは?

水虫と名前が付いているぐらいですから水虫の一種になるのでしょうか?

爪水虫とは、爪にできてしまう水虫のことです。

爪水虫 重度 画像
出典:https://www.kushimoto-higashi.net/

水虫と同じ白癬菌(はくせんきん)に感染してなる病気で、水虫と同様に他人に感染してしまいます。

爪の中に白癬菌が貯蔵している状態になるので普通の水虫よりも治療はやりにくく、治療期間も長くなってしまいます。

爪水虫の多くは、親指の爪に感染してなるのですが、治療せずに放置しておくと親指の爪以外の指に感染してしまいます。なるべく早く治療に行くことが大切です。

爪水虫の画像 黒い爪は酷い状態?末期?

爪水虫に感染しているかどうか、まずは確認してみましょう。

足の爪を見る習慣のある人は、いつもと違う自分の爪には気づきやすいのですが、あまり見慣れていない人は「どんなになったら?爪水虫?」と考えてしまいますね。

まず始めに確認するのは、親指の爪の色です。

他の指の爪と同じ色をしているか確認してください。

通常の健康な爪の色は、ピンク色で透明です。

ちなみに知恵ばあの爪の色は、少し白っぽい色をしていますがこれは貧血がでているからだそう。
(貧血の場合は爪の色は白っぽくなります)

あきらかに他の爪の色と違う、黄ばんで潤いを無くしている場合は、爪水虫の可能性も疑われますが、この段階ではまだ初期段階です。

数日してから見た時よりも、黄褐色に変化していたり爪が厚くなっていたら、爪水虫の可能性が大きいので、皮膚科の受診をおすすめします。

この状態を放置すると、次第に爪がボロボロになったり、爪に筋がでてきます。

進行していくと、画像のような状態になっていきます。
あら大変!
爪水虫 黒い 画像
出典:https://blogs.yahoo.co.jp/

爪の色も黄白色から黄褐色、茶色、最終的には黒色へと変化していく場合もあります。

初期段階で受診すれば、早く改善するので疑った時点で受診するようにしましょう。

爪水虫以外にも爪が黒くなってしまう病気ってあるの?

爪をみると、身体の症状が良いのか悪いのかわかったり
病気を見つける手段になったりします。

爪に黒い部分はあるが、日数が経つに従って爪先に移動していれば、病気の心配はありません。
ヒールや窮屈な靴を履いて、その刺激で黒くなった爪の可能性があります。

しかし、全体的に黒い爪や、黒い部分が広がったりした場合は、全身性の疾患や悪性のできものなどの場合があるので、早急に受診するようにしましょう。

たかが爪水虫、されど爪水虫!
なかなか治りにくいともいわれますので、早めに病院を受診したほうが良いですね。

ちなみに、我が家では新発売になった爪水虫専用ジェルを使っていますが、画期的な商品というだけあって、市販品の中では一押しです。ご参考にどうぞ。

>>81%が効果を実感!爪水虫の根本対策には『クリアネイルショット』

スポンサードリンク