赤ちゃんの熱中症対策はどうしたらいいの?

赤ちゃん 妊娠・出産・赤ちゃんの知恵

スポンサードリンク

鬱陶しい梅雨の季節が始まり、毎日ジメジメ、ジトジトしていますよね・・・。

皆さんは、「熱中症」って知っていますか?
確か、熱中症は、夏にかかる病気なのでは?」と思っているあなた!

それは間違えていますよ!

「熱中症」は、もうこの梅雨の時期から始まっているのです!

梅雨時の赤ちゃんは、「熱中症」にかかるのか?

梅雨というと雨ばかりでお日さまがでていないので、
まさか「赤ちゃんが熱中症に…。」何て思われる方がいるかもしれません。

赤ちゃんも「熱中症」にもちろん、かかります。

特にこの時期は、暑さに対しての体温調節が上手くいきません。

少し気温が上がっただけでも、すぐに汗をかいてしまったりします。

その為、この時期から赤ちゃんの「熱中症」に気をつけてもらいたいのです。

大人でも、少し気温が上がるだけでバテてしまったり、疲れやすくなりますよね?

スポンサードリンク

「熱中症」に何故かかるのか?

何故私達は「熱中症」にかかるのでしょうか?

例えば、屋外で長時間直射日光に当たったり、高温で湿度の高いところにずっといると、大量の汗をかきます。

汗を大量にかくことによって大量の水分や塩分まで消費してしまいます。

そうすると、体温調節機能が乱れてしまいます

そして、体温がどんどん上昇してしまい、身体の中で熱がこもってしまい脱水症状になってしまいます。

特に赤ちゃん等の小さい子どもは、体温調節があまり上手くない為にすぐに重症化しやすいそうです。

赤ちゃんが熱中症にかかったらどのような症状になるのか?

赤ちゃんの「熱中症」のかかりはじめのサインとは?

  • 顔が赤く、抱っこすると体が暑い。
  • 元気なく機嫌が悪い
  • 唇が乾燥しておしっこが少なくなる

もう少し症状が進んでしまうと…。

  • 汗をかかなくなって手足が冷たくなる
  • ぐったりして母乳やミルクを飲まなくなる
  • お腹の皮膚に弾力がなくなる
  • 目の焦点があっていない

「熱中症」の症状があっても意識がしっかりしている場合は、自宅で療養出来ます。

しかし、以下の3つの症状が出た場合は、直ぐに救急車を呼び、病院で処置をしてもらうようにしましょう。

  • 呼びかけても反応しない意識障害がある
  • ぐったりとしている
  • 痙攣を起こしている

スポンサードリンク

赤ちゃんの熱中症を防ぐにはどうしたらいいのか?

それでは、この梅雨時期の赤ちゃんとの過ごし方で何を気をつけた方がいいのでしょうか?

赤ちゃんは暑くなって窓を閉めきった状態になると、湿度が高くなって熱中症になりやすくなります。

そんな時には、迷わずにエアコンを使うといいでしょう。

室温を24~28℃にセットして朝までつけっぱなしにする事をおすすめします。

そして日中も積極的にエアコンを使いましょう。

エアコン

赤ちゃんを「熱中症」にかかりにくくする為に必要な事!

それでは、実生活において赤ちゃんを「熱中症」にかかりにくくする事は出来るのでしょうか?

答えは、出来ます!

そこで、どのような事をすれば「熱中症」を予防できるのでしょうか?

  1. こまめに水分補給を行う:小さな子どもは新陳代謝が盛んな為、汗として水分が出やすくなっています。
    その為、ジャー等を持ってこまめに水分を補給しましょう!
  2. 涼しい通気性のよい服装をして熱がこもらないようにする:涼しい服装で帽子を被るなどして、常に脱ぎ着がしやすい服装をするようにしましょう。
    そして移動時間帯等にも気をつけて、日中の一番暑い時間帯を避けましょう。
  3. 日頃から外遊びをさせて暑さに慣れさせましょう。:いつも家の中にいてエアコンにばかり当たっていると体温の調節が上手くいかなくなります。
    日中は、外で思いっきり遊ぶ時間を持った方が「熱中症」に負けない身体づくりが出来ますよ!

スポンサードリンク

まとめ

  • 赤ちゃんも梅雨時になると熱中症にかかりやすくなります。
    その為、こまめな水分補給と、体温調節をする必要がある事が分かりました。
  • 湿度、温度調節には効果的にエアコンを利用すると、「熱中症」は、予防できます。
    特に睡眠中は、エアコンを使用した方がいいと言う事も分かりました。
  • しかし、だからといってエアコンにばかり頼りいつも快適すぎる空間で生活をしていると、身体も弱くなってしまいます。
    上手に木陰等を利用しながら外遊びをする必要もあるという事が分かりました。
チエばあ
「熱中症」というと、どうしても悪化してしまって怖いイメージがありますが、上手く対処していけば、これからの夏を上手に乗り切る事が出来ますね!

 

コチラの記事もどうぞ

スポンサードリンク