液体ミルクは通販可能?日本メーカーの製造はあるか

赤ちゃん ミルク いつまで 妊娠・出産の知恵

スポンサードリンク

液体ミルクをご存知ですか?あまり日本では聞きませんが、海外では粉ミルクより液体ミルクのほうが一般的なんですよ。しかし、日本のメーカーでは製造・販売されていないため、あまり日本では馴染みがないようです。

購入したい時は、通販?個人輸入?でしょうか?

液体ミルクは通販できるのか?又日本メーカーから販売されるのか?調べますね。

スポンサードリンク

海外では粉ミルクより液体ミルクが一般的って本当?その理由は!

日本での乳幼児に与える栄養分は母乳か粉ミルクです。

私が子供を産んだ20年前も母乳が出ない人や足りていない人は、粉ミルクで補っていました。

最近では多くのメーカーから粉ミルクは販売されています。

お母さんが出掛ける時・母乳をあげれない場合でも粉ミルクがあるおかげで、お父さんでも作ることができるので便利な商品ということで、沢山の人が利用しています。

でも、海外ではもっと進歩していてお湯や水がなくても、赤ちゃんにミルクを与えることができる「液体ミルク」が一般的なのです。

紙パックやペットボトルが主流で、そのまま赤ちゃんに飲ませられます。

液体ミルクに使われている水は、水の腐敗を防止するために「滅菌水」を利用し、製造も無菌状態で製造し密封されているので、衛生的・安全性もにもとても優れています。

粉ミルクも便利ですが、液体ミルクに比べるとより簡単で衛生的です。

海外は1歩も2歩も日本よりも進んでいるのですね。

スポンサードリンク

日本メーカーはなぜ液体ミルクを製造しないの?

赤ちゃん ミルク いつまで

これだけ衛生的で便利なのに日本で製造・販売されていないのは不思議だと思いませんか?

日本では液体ミルクが販売されていなかったのであまり知られていませんでしたが、震災の時に海外から液体ミルクが支援されてからは、日本でも話題にあがるようになりました。

では、なぜ日本では製造・販売されないのでしょうか?

理由は、厚生労働省の乳及び乳製品の成分規格で乳幼児用の食品は粉乳が限定とされているからなんです。

しかし、時代も変わり進歩していっているのですから、良い商品だと認められ世間から必要とされている商品は、省令を改正してもいいと私は思うのですがね。

そして、もう1つ理由があります。

日本の粉ミルクを販売している企業では、技術面では液体ミルクは製造できるようなのですが、コストがかなり高くなってしまうようなのです。

液体ミルクは、粉ミルクに比べると製造原価だけだと2倍高くなり、そこの流通コストを入れると3倍近く高くなるようなのです。

そこに加え、少子化が進んできているので、製造・販売してもメリットがでないということで、消極的になってしまっているのも、販売されない理由になっているようです。

商品1つ作るのにも色んなシガラミがあるのですね。

でも、震災になった時赤ちゃんの栄養を補うには「ミルク」しかありません。

お母さんの体調も悪く、清潔な水も温める機械もない場合は多々起こります。

そんな時のために、液体ミルクは備蓄できるようになってほしいですね。

液体ミルクは通販や個人輸入で購入できる?

by カエレバ

 

液体ミルクを購入したい場合は、日本では販売がないため海外から輸入してもらうしかないようです。

インターネットなどでは、個人輸入もできますが、不安も大きいですよね。

その点、大手の通販ならそんな心配もありませんので、購入する場合は通販がおすすめです。

大手の通販サイトamazonやYahoo・楽天でも液体ミルクを取扱っているので、検索してみるといいですよ。

ただ、思っている以上に価格が高いです。

海外から輸入して販売しているので、1本が約700円~800円します(200ml)

かなり高いですよ。

でも未開封なら約1年持つ液体ミルクもあるので、震災時の備蓄として購入しておくと赤ちゃんがいる家庭は安心できると思います。

 

スポンサードリンク