急な雨!自宅で出来る子供との遊び方3選!

妊娠・出産・赤ちゃんの知恵

スポンサードリンク

梅雨の時期や、突然降り出した雨の時は、外遊びが難しくなりますよね。

絵本も繰り返し読んだし、DVDを見せっぱなしにするのもなぁ・・・。

そこで今回は、チエばあが実践してきた遊び方や、周りに聞いてみた遊び方をまとめてみました!

室内遊びのレパートリーに、子どもが飽きてしまい、頭を抱えているママさん必見ですよー♪

雨なんて関係ない!子供を楽しませる法はあります!

雨の日でも、子供は元気満々!

連日の雨の時は、有り余る体力にママも子供もストレスを感じることも・・・。

お家でも子供と、楽しく過ごしたいですよね。

天気に左右されない遊びを、年齢別にご紹介していきますね♪

1~2歳にオススメの室内遊び3選!

まず、1~2歳にオススメしたい室内での遊び方です。

1歳ごろになると、徐々に歩き始める子も多くなってきます。

また、「マンマ」「ぶーぶ」「わんわん」など、簡単な言葉も覚え始めます。

0歳の頃と比べて、手足が器用になり、人とのコミュニケーションの幅が広がってきます。

そんな成長期に、オススメしたいのはこちらです!

手先の発達に、積み木&ブロック

この時期は、物をつかんだり、積んだりすることが出来るようになります。

そこで、積み木やブロックを使って、一緒に遊んであげましょう!

ママと順番に並べてたり、積み上げりする、”ドミノ倒し”なんかも、小さい子供は喜びますよ。

崩したり倒れたりする様子に、キャッキャと楽しむ姿は、こちらも嬉しくなってしまいます♪

クレヨンでお絵かきデビュー!

クレヨンでお絵かき

まだちゃんとした絵は描けませんが、それでも全然OKです!

小さい子が握りやすい形で、丈夫なクレヨンが売っています。

大きな画用紙を用意して、子供の好きなようにのびのびと書かせてあげましょう♪

マルや、ぐしゃぐしゃとした線しか描くことしか出来ませんが、絵を描くことは、視覚や感受性を豊かにすると言われています。

また、色を覚える、キッカケにもなりますね!

コミュニケーションを交えて、遊んであげましょう!

子供も興奮?!かくれんぼで「ばぁ!」

子供が大好きなかくれんぼ。

お家の中でも、カーテンやちょっとした陰を使って、十分遊ぶことが出来ます。

ママが探す時は「あれー?どこかなー?」と、大げさに言ってみましょう♪

子供は興奮しながら「ばぁ!」と自分から出てきたり、足や手が丸見えでも頑張って隠れていたりと、かわいらしい一面も見れますよ。

クスクス♪と思いながら、隠れているのが、とっても微笑ましいですね!(笑)

スポンサードリンク

2~3歳にオススメの室内遊び3選!

2~3歳頃になると、自我が芽生えて、周りの人の真似をしたがる年頃です。

そこを狙った遊びで、楽しみましょう!

まねっこゲーム「ごっこ遊び」

小さい子供は、周りの人の行動をよく見ています。

ママと同じことを、やりたがりますよね。

そんな子には、おままごとやお店やさんごっこが王道です!

ママが美味しいそうに食べてるフリを見て、子供は満足気に♪

あとは、まねっこゲームもオススメです!

動物の鳴き声や、動作を体を使って表現し、それを当てるゲームです。

子供が問題を出すのも、想像力を刺激できていいですね!

粘土デビュー

砂場遊びや、泥遊びに夢中になる2~3歳には、特にオススメしたい遊びです!

万が一、口に入れてしまっても安心な、小麦やお米で作られた、粘土もあります。

柔らかく、色が付いているのが、特徴の小麦粘土。

他の色と混ぜて「何色になるかな?」と、実験感覚で出来ます。

粘土用の道具を使ったり、子供は夢中になって、遊んでくれます♪

好きな音楽でダンス♪

雨の日でも体を動かしたい!そんな時は、ママも一緒にダンス!

好きな音楽で、思いのままに創作ダンスをして、ストレス発散しちゃいましょう♪

スポンサードリンク

4~5歳にオススメ

4~5歳になってくると、創造力と思考力の発達が、ぐ~んと伸びます。

良いところは、もっと伸ばしてあげたいですよね♪

遊びを通して、成長を促してあげましょう!

折り紙

折り紙は、100均一などで安く手に入ります。

手先を動かすことにより、脳が活性化され、作品を作り上げた時の達成感が得られます。

折り紙は、誰しも子供の頃に一度はしたことのある遊びですね。

懐かしさからママが、夢中になってハマってしまうかも!?

絵合わせカード

4~5歳になると、ルールがある遊びが出来るようになります。

そこで一緒にやりたいのは、神経衰弱ならぬ絵合わせカードです。

ルールは、神経衰弱と同じです。遊びながら、暗記力を高めることが出来ます!

ママと一緒にクッキング

お母さんと一緒にお料理

おやつにホットケーキやクッキーを、一緒に作るのはいかがでしょうか?

卵を割ったり混ぜたり危険が無い簡単な事は、子供が担当し、焼いたりするのはママが行いましょう!

自分が作ったという、達成感や満足感から、たくさん食べてくれますよ♪

また、食べ物への感謝、料理を作ってくれる感謝の気持ちを、学ぶキッカケにも繋がります。

スポンサードリンク

まとめ

今回は、年齢別に室内遊びをご紹介しました!

雨だけではなく、これから寒くなってきますので、室内で遊ぶ機会が増えてきますね。

子供の成長に合った遊びで、お外にいけない日も楽しく過ごしましょう!

スポンサードリンク