白髪が治ると話題!?業界初は山椒やアキョウ?

スポンサードリンク

白髪で悩んでいる人に朗報です!

業界初ですが白髪が治ると話題になっているのが山椒とアキョウです。

山椒は聞き覚えがありますが、アキョウ?あまり聞きなれない言葉です。

白髪が治るとされている業界初のこの2つについて調べてみたいと思います。

白髪ができる原因と対策

白髪の治る食べ物は黒ごま?サプリやストレスの影響

白髪・・・年齢が増すにしたがって白髪が生えてきますよね。

中には年齢が高齢にも関わらず白髪がない人もいます。

逆に、まだ若いのに白髪が生えている人もいます。

どうしてでしょうか?

白髪ができるメカニズムをまとめます。

毛髪は、毛乳頭で生まれ毛細血管から栄養を取り込んで成長していきます。

この毛乳頭で髪の毛の元が作られた瞬間に、メラノサイトという色素細胞がメラニン色素を産生して髪に色を与えることで、髪は黒や茶色になります。

この髪の元に着色するメラニンはメラノサイト内のチロシナーゼという酵素が働いてつくられているのですが、なんらかの原因でメラニンが作られなくなり白髪ができてしまいます。

それには様々な原因があります。

例えば、老化・ストレス・食生活の乱れ・病気・頭皮環境などです。

白髪対策をする場合は、この上記を良い方向へと導く必要があります。

老化で起こる原因は、チロシナーゼの量が現象することが大きな要因なので、チロシナーゼの働きをサポートする栄養素「銅・ミネラル」を摂取するようにすれば、遅らせることも期待できます。

食生活の乱れも、ミネラル・ビタミン・アミノ酸などを含んだ食材を食事に摂りいれるようにし、睡眠をたっぷりとりストレスを溜めないようにして正しい習慣をつけましょう。

毛髪の悩みは頭皮の環境が大きく関わると言われていますが、白髪の場合も頭皮環境が悪いとなる場合があるようです。

毛髪が健康であるためには、毛細血管から栄養をとりこみ毛乳頭に送らなければいけません。

しかし、ストレスや生活習慣の乱れなどから頭皮が血行不良になってしまい、髪に必要な栄養素が十分に届けられずに白髪になってしまう恐れがあります。

血行不良になると髪の毛だけではなく、肌トラブルや肩こりなどの症状もでてしまうので、血行不良を改善することも大切になってきます。

スポンサードリンク

山椒で白髪が治ると話題に

白髪が治るとして話題になっているのが山椒(サンショウ)のようです。

山椒で思い浮かぶのはウナギだけなのですが・・・(私だけでしょうか)

山椒はあまり家庭では使わないのですが、山椒で白髪が治るものなのでしょうか?

山椒には、メラニン色素の生成を促進する効果があるようなのです。

メラニン色素を促進してくれれば、髪にも色がついて白髪が防げるということです。

他にも、血行促進効果や抗酸化作用もあるので、頭皮の血行も良くなり酸化も防いでくれるのなら白髪対策には効果がありますよね。

なんと漢方では山椒エキスを頭皮に塗って頭皮ケアをするようですよ。

育毛剤で無添加志向のものは、山椒がつかわれているかもしれませんね!

山椒が含まれているシャンプー

白髪染めシャンプーの「黒染ヘアシャンプー」にはサンショウエキスが含まれていました。

口コミでは、少しずつ効果がでてきているとの声もありますが、大きな変化自体は感じられないようですね。

白髪を染めるのではなく目立ちにくさせるといったもののようです。

アキョウも白髪に効果的?

山椒も白髪には効果があるのですが、漢方繋がりでアキョウも白髪には効果があるようなので、紹介しますね。

アキョウ?知らない人が多いと思います。

アキョウというのは、ロバの皮を煮詰めたもので、造血効果があるとされる生薬なのです。

中国では古くから上流階級の人が使用していた漢方でもあります。

血液の循環を良くする働きがあるので、血行不良に効果的です。

上記でも説明しましたが、頭皮の環境不良は血液の循環も大きく関係しているので、血行不良を改善してくれるアキョウは白髪対策になるようです。

スポンサードリンク