新生姜の時期や生姜との違いは?冷凍保存はOK?茎は食べれる?

料理の知恵

スポンサードリンク

新生姜 保存 冷

春から夏に向けて旬を迎える新生姜

料理にはもちろん、そのまま食べても美味しいですよね。

スーパーでお安く手に入る時期なので、

是非チャレンジして季節を味わいたいものです。

今日は新生姜について、気になるポイントをまとめてみました。

新生姜の旬の時期はいつからいつまで?

スポンサードリンク

初夏の頃、スーパーに並ぶ新生姜。

白い色で、さわやかな辛みが特徴ですよね。

早いところでは4月頃から出回りますが、

一番の旬を迎えるのは6月から8月のころ。

さわやかな辛みは、じめじめした季節を乗り切るのにも一役買います。

旬の時期はフレッシュなものがお手頃価格で手に入りますので、

色々な料理で楽しみたいですね。

新生姜と生姜の違いとは?

旬の時期は約2か月間の新生姜。

でも、生姜はスーパーでは年中手に入る食材です。

そもそも、新生姜はふつうの生姜とどう違うのでしょう?

その違いは、すぐに出荷するか、それとも寝かせるのか

新生姜は、初夏に収穫され、すぐに出荷されます。

一方、よくスーパーで売られている生姜は、秋に収穫されてから冷蔵庫などで貯蔵。

そこから、年間を通して出荷されていくのです。

こうして寝かせた生姜は、「ひね生姜」と呼ばれているそうですよ。

また、新生姜の時期に同じく良く見るのが「葉生姜」

葉生姜 茎 料理引用:item.rakuten.co.jp

白い生姜から、紅色と緑色の茎が色鮮やかですよね。

こちらは、「小生姜」と言われる品種です。

その名の通り小ぶりなのが特徴で、

砂地で作られて、早めに収穫されます。

一方、年中手に入る生姜は「大生姜」という品種。

こちらもその名の通り、とても大きく成長するのが特徴で、

大きいものでは1kgを超えるものもあるのだとか。

だから、スーパーで売られる時にはカットされているのですね。

新生姜は冷凍保存できる?おすすめ保存方法

新生姜を買ったけれど、すぐには全部使えそうにない…。

4、5日程度で使い切るなら、新聞紙に包んで冷蔵庫の野菜室に保存しましょう。

もっと長く保存したいなら、以下の方法がおススメです。

冷凍保存

やりくり主婦の強い味方、冷凍保存。

生姜の場合も、冷凍保存が可能です。

ただ、冷凍する場合はそのままではなく、ひと手間加えましょう。

ズバリ、すりおろすのです。

すりおろしてジップロックなどで保管すれば、

使いたいときに必要な分だけスプーンなどですくって、

そのままお鍋に入れればOK!

チューブ生姜のように、手軽に使える薬味になりますよ。

また、用途に合わせてみじん切りや細切りにするのも便利です。

だいたい1か月程度で使い切るのがよいでしょう。

冷蔵庫での長期保存

スポンサードリンク

冷凍保存よりも、風味を保って長持ちさせたいのならこちらの方法がおススメ。

瓶や深めのタッパーに生姜をまるごと入れ、完全につかるまで水を入れておくだけ!

これで、1か月は持ちますよ。

ただ、水は3日毎にこまめに取り換えましょう。

料理で使う際は水から出して、必要な分をカットして使います。

残りはまた、水につけて冷蔵庫へ。

時間が経つと中心から柔らかく劣化していきますので、

様子を見ながら使い切りましょう。

また、水ではなく焼酎なら、さらに半年は長持ちするのだとか。

なんだか怖くて、それは試したことありませんが…。

生姜一袋くらいなら、わが家ではなんだかんだで1か月くらいで使いきってしまいます。

葉生姜の茎、食べれるの?

初夏に旬を迎える葉生姜

そのまま洗って、味噌をつけて食べても最高のおつまみになります。

ほとんどは長い茎や葉がついたまま売られていますが、

この茎や葉っぱ、捨てるのもったいないと思いませんか?

どのような活用方法があるか見ていきましょう。

ひと手間加えれば食べることも

そのままではスジばっていて食べられない茎は、

丁寧に皮をむけば柔らかい部分が出てきます。

そのまま食べても、きざんで料理に使うこともできますよ。

また、葉は柔らかいものは刻んでかき揚げの具として活用することも、

ただ、茎も葉も成長しすぎた部分は繊維っぽく食べづらいでしょう。

消臭剤として活用

生姜の茎や葉には、消臭効果があると言われています。

茎や葉を束ねて、冷蔵庫に入れておくだけと簡単ですので、

捨てる前に活用してみましょう。

また、葉っぱを洗って、焼き魚や冷奴の下に敷くのも良いですよ。

生姜は体に良い食材ですから、

旬の時期はとくに摂取していきたいですね。

スポンサードリンク