除草剤雨効果撒き方

抜いても刈っても生えてくる雑草!
特に雨が降った後は、一気に成長するから厄介なものです。

家庭菜園をしている知恵ばぁですが、
除草剤の力を借りなければお庭の管理がままなりません。

今日は除草剤について、効果的な撒き方などをご紹介します。

除草剤の種類

Sponsored Links

除草剤と一口に言っても、様々な種類があります。
が、専門的な説明はここでは省いて、ご家庭のお庭にまくことを前提に考えます。

ホームセンターに行くと、除草剤コーナーには様々な商品がありますよね。
大きく分けると、液体タイプと顆粒タイプの商品が多いかと思います。

葉っぱから吸収して、植物を枯らすのは液体タイプ
根から吸収して、植物を枯らすのは顆粒タイプと覚えましょう。
(例外もあるかと思いますので、商品説明欄はチェックしてくださいね!)

液体タイプは葉っぱから吸収されるので、
雑草が育った状態で上からかけると効果があります。

顆粒タイプは根から吸収されるので、
雑草は刈り込んで、地面にしっかりと撒いた方が効果が高まりますよ。

除草剤が効くまでの時間と持続性

除草剤雨効果撒き方

液体タイプか顆粒タイプかで、除草剤の効果が出始める時間は違います。

液体タイプの除草剤は、即効性があります。
早いものだと、撒いて10分後には茶色く変色し始めて枯れてきます。

液体タイプは効果が早く出る分、持続性はあまりありません
多くの商品は土にかかると吸収・分解され、その効果を失います。
そのため、1週間~1か月もすれば、そこに花壇をつくることも可能です。

一方顆粒タイプは、効果が出始めるまでに時間がかかります
粒が土に溶けて吸収され、それを雑草の根が吸い込むことで効果がでるのです。
土に有効成分が残るのが顆粒タイプなので、一度撒くと効果は長く続きます
そのため、家庭菜園などに使わない土地でなければなりません。

除草剤の撒き方、雨の日は?

Sponsored Links

除草剤の撒き方も、液体タイプか顆粒タイプかで変わってきます。

液体タイプの場合

容器がジョーロやスプレーになっていて、そのまま手軽に撒けるのが便利ですね。
液体タイプの除草剤の撒き方は、晴れた日に撒くことが大切です。
葉っぱから有効成分を吸収するので、草が乾いている方が高い効果が期待できます。
また、除草剤をまいた直後に雨が降ってしまうと、葉っぱの除草剤が洗い流されてしまいますので、
除草剤を撒く前後の天気予報はチェックしましょう。

顆粒タイプの場合

顆粒タイプの除草剤は、土に吸収されて根っこから雑草に効いていきます。
そのため、土が濡れている方が早く効果が現れます。
顆粒タイプの除草剤を撒くときは、事前に水をかけて土を濡らしたり、雨の降った後にしましょう。

ただし、注意したいのが、撒いた後の雨
粒を撒いた直後に雨が降ると、成分が思わぬところまで流されてしまい、
花壇や植栽にまで被害が及ぶ危険性があります。

また、土に成分が広がるので、なるべく花壇などから遠い場所に撒くようにしましょう。

除草剤に関するまとめ

液体タイプ
・即効性がある
・葉っぱから吸収される
・雑草が育った状態で上からかける
・天気の日に撒き、前後に雨が降らないことを確認。
・効果は持続しない

顆粒タイプ
・遅効性
・根から吸収される
・雑草を刈り込んで、土にまく
・地面が濡れていた方が効果が出やすい。
(ただし、撒いた後すぐに雨が降らない方が良い)
・効果が持続する

これらの特性を踏まえて、お庭に使う除草剤を選びましょう♪

※商品によって例外もありますので、かならず個別にチェックしてくださいね。

Sponsored Links