二日酔い対策の市販ドリンクのオススメ!ウコンの力が最強?

スポンサードリンク

二日酔い対策に効果的とされる市販のドリンクが、今は多く売られていますよね。

とはいえ、どれを選べばいいのか・・・。

そう悩むのはもっともで、実は同じ二日酔いといっても、原因は1つではないんです!

なので、それぞれの原因によって、対策で飲むドリンクも違ってくるんですね。

二日酔いになる原因にどんなものがあるのか。

そして、それぞれの対策に合った市販のドリンクにどんなものがあるのか。

この2つを紹介しつつ、市販のドリンクの中でもウコンの力が最強と言われる理由について探っていこうと思います!

二日酔いの原因にはどんなものがある?

二日酔いになると、頭痛、吐き気、倦怠感、痙攣震えなどの症状が出ると思います。

ですが、症状が似ていても、原因が違ったりするのです。

二日酔いの主な原因は

  • 血管拡張や炎症
  • 脱水症状
  • 低血糖
  • 胃酸過多
  • アセトアルデヒドの残留
  • 酸素不足
  • メタノールの残留

このうち、酸素不足とメタノールの残留は市販のドリンクでは、中々対策ができません。

他の原因については、市販のドリンクでも対策はできます。

では、それぞれの「原因」と「症状の見分け方」を説明しながら、どの市販のドリンクが対策に適しているか見ていきましょう。

スポンサードリンク

血管拡張や炎症には【麦芽コーヒー】がオススメ!

アルコールには、血管を拡張する働きがあるのだそうです。

血管はストレスなどで収縮するので、お酒を飲むことで、それが拡張されて、気分が良くなるのですね。

ただ、アデノシン(日本酒などに多い)やアセトアルデヒド、酢酸も同じ働きをするので、お酒を多く飲んだり長く飲みつづけていると、血管が炎症してしまって、二日酔いの頭痛を引き起こしてしまいます。

症状の見分け方
血管拡張や炎症による頭痛は「片頭痛」になります。

症状としては、こめかみから目のあたりが痛み、ズキズキするごとに心臓が鼓動を打つような感じがします。

頭の向きを変えると、痛みが増すのが特徴でもあります。

車酔いをしたような、気持ち悪さや吐き気を覚えて、光や音、においや気圧、温度の変化など、周囲の環境に敏感になります。

効果的なドリンクは、【麦芽コーヒー】です!

すっかり拡張してしまっている血管を収縮させるコーヒー。

そして、血管の炎症を抑えて、興奮状態を沈めてくれる豆乳。

この2つの有効的な成分が合わさった麦芽コーヒーがオススメです!

スポンサードリンク

脱水予防は【OS-1】で対策を!

お酒には利尿作用と発汗作用があるので、お酒でカブカブ水分を摂っているつもりが、ほとんどが体外に排出されていたりするんですね!

とくに利尿作用が高いとされるビールでは、500ミリリットルを2本飲むことで、1リットル近くの水分が失われるそうです。

それに加えて嘔吐してしまうと、ひどい脱水症状を引き起こしてしまいます。

症状の特徴
頭痛がしたとして、鎮痛剤を飲んでも治らない場合は、脱水症状を起こしている可能性が高いです。

頭痛以外にも、こんな症状が重なったら、脱水症状だと判断しましょう。

  • のどが渇く
  • 吐き気がする
  • 尿の量が少ない
  • 肌やとくに唇ががカサカサする
  • 頭がぼうっとして眩暈がする
  • 体が重く動きが鈍い
  • 情緒不安定

脱水症状を起こしても、ただ水を飲むだけでは治すことができません。

体は水分だけでなく、「電解質」も不足しているからですね!

水分と電解質を補給するにはスポーツドリンクが適していますが、どちらかというと、予防的に飲むものです。

一方でお酒で起こす脱水症状は、気が付いてみると、ひどい症状を起こしていることが多いので、予防的なスポーツドリングより、早く補給できるドリングが望まれます。

そこでオススメなのが、スポーツドリンクより電解質の濃度が高く、糖質の濃度が低いOS-1。

軽度から中度までの脱水症状に効果があるというので、症状に気づいて、素早く対処するためには適しているでしょう。

スポンサードリンク

低血糖にならないために【甘酒】

お酒のアルコールは肝臓で処理をしてくれます。

ただ、肝臓はアルコールの処理だけでなく、糖の生産も行っています。

なのでアルコールの処理に専念してしまうと、糖の生産などができなくなり、低血糖になりやすいのですね!

ある程度、肝臓は糖を貯蔵しているとはいえ、持つのは8時間ほど。

8時間とはいえ、お酒を飲みすぎ、肝臓を働かさせすぎると、糖の貯蔵がなくなってしまいます。

貯蔵分の糖があるときは自覚症状がないので、脱水症状と同じく、気づいたら低血糖になっていることが多いんですね。

低血糖の症状
低血糖は、頭痛に加えて、だるさや筋肉痛も伴います。

他にも、おかしな言動をしたり、よく話せなかったり、朦朧として、ひどいと昏睡状態になってしまいます。

傍目から見ても、震えていたり、汗をひどくかいたりしていたら、要注意です!

のどが渇くというより、口の中が乾燥して、苦しいほどの空腹を感じるのが特徴です。

すぐに糖分を補給しなければならない場合、多くあるジュースの中でオススメなのが、甘酒です。

糖分でも、すぐに血糖値を上げて、エネルギーにしてくれるブドウ糖を摂りいれる必要があります。

ブドウ糖は果汁ジュースや炭酸飲料にも含まれているとはいえ、甘酒には純度の高いブドウ糖が含まれているんですね!

もともと消化吸収しにくくなった病人が、飲んでいたものなので、低血糖で弱っている人にも飲みやすいでしょう。

スポンサードリンク

胃酸過多になったときの【アルカリイオン水】

アルコールには、胃酸の分泌を促す働きもあります。

飲みすぎると、胃酸が分泌されすぎる、胃酸過多になって胃が圧迫されてしまいます!

嘔吐などをして、胃酸を逆流させてしまうと、食道が炎症を起こします。

その影響で、のどに違和感を覚えたり、食道が詰まった感じがして、炎症が治るまでに、食欲不振になることもあるのです。

胃酸過多の症状
胃に一番影響が出てきます。

胃もたれや胸やけ、腹痛などがひどいなら、胃酸過多を疑いましょう。

他に、口の中が酸っぱかったり、口臭がするなど、胃から嫌な匂いや液体がこみあげてくる感じがしたら、確実だと思います。

対策としては、必要以上に多く分泌されている胃酸を、中和する必要があります。

胃酸は酸性なので、アルカリ性を飲むことで、中和できるんですね!

アルカリ性の飲み物は色々とありますが、その名もずばり、アルカリイオン水が効果的でしょう。

逆に酸性の飲み物、炭酸飲料は余計に胃酸が出てしまいますし、オレンジなどの柑橘系、カフェインの飲み物も避けたほうがいいですね。

スポンサードリンク

肝臓に負担をかけない【最強ウコンの力】

お酒を飲みすぎると、肝臓に負担がかかってしまいます。

もう少し具体的に言うと、セトアルデヒドという毒素を、肝臓が分解しきれなくて、体内に残ることで二日酔いを引き起こすのですね。

日本人には、セトアルデヒドのせいで二日酔いになる人が多いと言います。

というのも、セトアルデヒドを分解する酵素を、肝臓があまり分泌してくれない体質だからです!

また、お酒に弱い人は、遺伝的に分解する酵素が分泌されにくいか、酵素がないという体質で、その体質が変わることがないそうです・・・。

肝臓に負担がかかっている時の症状
基本は二日酔いの定番とされる、頭痛や吐き気、疲労感を覚えるなどです。

後は、鎮痛剤を飲んでも頭痛が治らなかったりと、これまで説明してきた症状と当てはまらないなら、セトアルデヒドが原因と考えられます。

これといって、特徴のないセトアルデヒドによる二日酔いですが、自覚症状がないだけに恐ろしい部分があるんですね。

発がん性をはじめとして、色々な疾病に関与しているとされているのです!

だから、二日酔いの原因の中でもセトアルデヒドが一番、厄介と言えるでしょう。

日本人、そして、お酒の弱い人は、体に残りやすいという毒素、セトアルデヒド。

しかも、発がん性もあるとされているとなれば、できたら、体から排出したいところ。

それを、できるのがウコンの力なんですね!

ウコンの力には「クルミン」という成分が入っていて、アルコールの分解をサポートしてくれます。

利尿作用のある「カリウム」も含まれているので、分解されたセトアルデヒドを体外に排出もしてくれるんです!

そうやって、セトアルデヒドを分解しきれない日本人や、遺伝的にお酒に弱い体質の人の、肝臓の働きを助けてくれることから、最強と言われているわけです。

予防的に、お酒を飲む1時間前にウコンの力を飲んでおくと、効果が大きいと言われています。

スポンサードリンク