爪水虫 レーザー 神奈川ならおすすめの病院はこちら

健康の知恵

スポンサードリンク

こちらの記事では、爪水虫 レーザー 神奈川でおすすめの病院についてご紹介していきます。

爪水虫を発症している人は、日本に約1200万人もいます。

これほどの人が爪水虫に感染しているのには正直ビックリしてしまいます。
(知恵ばあも昔、水虫にはなったことがあります^^;)

※知恵ばぁ愛用の爪水虫薬はコレ
>>クリアネイルショット

爪水虫の症状は水虫とちがう?

爪水虫というのは「白癬菌」というカビの一種が爪に感染して起こる病気です。

白癬菌に感染してなる病気となると、水虫が有名ですが、それが爪に感染すると、「爪水虫」になります。

爪水虫に感染するルートとしては、足水虫から感染するケースがとても多いです。

足水虫の白癬菌が爪の中まで侵入して爪水虫となります。

白癬菌は人間のケラチンというタンパク質をエサにして増殖していきます。

ケラチンは爪にも多く含まれているので
白癬菌にとっては、爪はとても住みやすい環境になっているのです。

その白癬菌をやっつけるには、外用薬だと爪の中の奥深くの角質層まで浸透させなくては効果がありません。

これが最も通常の水虫との違いになります。

通常の水虫の場合は、市販薬の塗り薬などはドラッグストアーなどで販売されているので、自分で治療する人も多いですが、爪水虫の場合は上記で説明したとおり、浸透させなくては意味がないため、市販薬は殆どないと考えられます。

そう考えると、爪水虫の治療は病院で受診する必要があるということになります。

爪水虫を病院での治療方法は?

爪水虫は自分の他の爪や他人に移してしまうので早く受診しなくてはいけないのは、わかっているのですが
初めての病院で不安もありますよね。

不安を解消できるように、病院の流れとどんな治療方法があるのか紹介しますね。

まず始めに行われるのは「問診」と「目視」で医師が判断します。

肉眼で判断はできるのですが、必ず顕微鏡による検査が行われます。
方法は簡単でほぼ痛みもありませんので、安心してください。

爪水虫だと思われる爪の一部を採取して顕微鏡で白癬菌がいるか確認します。

検査は約10分ほどで終わり、爪に白癬菌がいるのを確認すると「爪水虫」と確定されます。

爪水虫だと診断されると飲み薬による治療法が一番多く行われています。

塗り薬だと浸透する効果が少ないため効き目も弱く、完全に治る可能性が少ないからだそうです。

飲み薬で出される薬は、この2つが一般的です。

・ラミシール錠
一日一回食後に服用する薬で、約6ヶ月間の服用が必要です。

・イトリゾール錠
一週間一日2回食後に飲み、3週間休みを3回繰り返し
計3ヶ月行います。

この2つの方法は約7~8割の患者が効果があったようです。

しかし、この飲み薬はデメリットとして、消化器症状の副作用が挙げられるので、肝臓が悪い人には使えません。

爪水虫のレーザー治療、神奈川でオススメの病院

飲み薬が飲めない人や塗り薬や飲み薬で効果が出なかった人が次に行う治療法がレーザー治療です。

レーザー治療について説明したいと思います。

レーザー治療は日本では認可されていないので治療費は自費になります。

レーザーを当てて、爪白癬を殺菌・蒸散する治療方法で、10分~20分程度で終わります。

レーザーを当てることで少しは熱感を感じることはありますが、ヤケドや痛みはありませんので安心してください。

病院によって違いますが、一ヶ月に1回~2回のペースで行い、治り具合を見ながら数回行われます。

レーザー治療も飲み薬と同様に約7~8割の人が効果があると答えています。

おすすめのレーザー治療の病院

林間皮フ科クリニック

〒242-0001 神奈川県大和市下鶴間1598 LAPLA中央林間メディカルビル3F
ショッピングモールLAPLA中央林間(スーパーロピア)正面入り口横

046-278-2233

林間皮フ科クリニックは、乳幼児から大人まで通える病院で、
一般皮膚科から美容皮膚科、特殊外来まで色んな悩みに答えてくれる皮膚科です。

ちなみに、我が家では新発売になった爪水虫専用ジェルを使っていますが、画期的な商品というだけあって、市販品の中では一押しです。ご参考にどうぞ。

>>81%が効果を実感!爪水虫の根本対策には『クリアネイルショット』

スポンサードリンク