お腹が鳴る理由は?原因と対策、病気について

健康の知恵

スポンサードリンク

お腹が空いているときにぐ~~~っと大きな音がなって恥ずかしい思いをしたことがある知恵ばあ。でも、どうしてお腹はなるのでしょう?また、お腹が空いていないときにもなることがあり、不思議に思っていました。今回は、そんなお腹が鳴る理由や、原因と対策、病気について調べてみました。

スポンサードリンク

お腹が鳴る理由はなぜ?

お腹が鳴る理由
お腹が空いているときになるのは、腸の収縮運動がおこるため鳴るのだそう。
意識して止められるわけではなく、恥ずかしい思いをしたことのある方も多いのではないでしょうか。

お腹が鳴る=腹鳴は、空気が胃や腸にたまることによって起こりやすいとされています。
緊張したりすることにより、唾液と空気を一緒に飲み込んでしまうことにより起こることがあります。

胃腸の中に空気がたまってしまったらお腹が鳴ることもあるため、気を付けてみましょう。
腸の蠕動運動は病気ではありません。むしろ健康であるからでこそ、なるものなのです。

スポンサードリンク

お腹が鳴るのを防ぐ方法

お腹が鳴るのを防ぐ方法としては、朝食をきちんと取ることが大原則になります。
規則正しい市生活リズムで、食事をとってみましょう。そうすると、お腹が鳴る時間が分かってきます。

お腹がなるのを防ぐ 朝食

食事中に口を閉じて食べるのもお腹が鳴らないようにする工夫です。
口を開けて食べていると、空気が入ってしまい、お腹が鳴る原因になってしまいます。

市販のもので言えば、ぐーぴたっなどを食べるのもありです。空っぽのお腹に、一口でも入ってしまえば、お腹が鳴ることを防ぐことが出来ます。
糖分を摂取すれば、お腹の活動は抑えられるため、ならなくなりますよ。その点では、飴玉やチョコレートは効果絶大ですね♪
甘い飴を食べることにより、血糖値の上昇がみられるため、お腹が鳴るのを止めることが出来ます。
お水を飲むのも一時しのぎには良いと思います。

背筋を伸ばしてみたり、お腹を膨らませてみるのも効果的ですよ。大きく息を吸って、空気を循環させるイメージで長めに息を吐きましょう。

意識して、食事をきちんととるようにしましょう。そうすることで、多少は、お腹が鳴ることを防ぐことが出来ますよ♪

親指と人差し指の間のツボを押してみるのもありです。指を開いた状態で親指と人差し指の延長のところにへこんだ部分があり、そのツボを刺激するとお腹が鳴るのを防ぐことが出来ます。それ以外にも空腹を防ぐことができるので、万能のツボと言われています。
お腹が鳴る ツボ

炭酸を頻繁に飲まないようにすることや早食いをやめること、ストレスをためないことで、お腹が鳴ることを軽減できます。
そして、繊維質の多い食べ物をたくさんとることにより、消化に時間がかかるため、なりにくくなります。

開き直るのも1つです。気にしすぎるのもかえって、ストレスになってしまいます。

食後にお腹が鳴るのは病気?

お腹が鳴る 病気
食後のお腹の鳴る音は、病気という観点ではそこまで気にする必要はありません。

消化するときに、収縮運動は起こるため、その時にお腹はなります。腸が動く度になるので気にする必要はありません。
お腹がなるのは、お腹の動きが正常な証拠なので、問題はありませんが、どうしてもなり続けたりする場合は、病気の疑いもあります。過敏性腸症候群胃炎・逆流性食道炎の可能性もありますので、少し気になる場合は、一度受診をしてみてくださいね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク