靴擦れする原因や応急処置、水ぶくれを早く治すには放置?

健康の知恵

スポンサードリンク

こちらの記事では、靴擦れする原因や応急処置、水ぶくれを早く治すには放置?についてご紹介します。

靴擦れするのはなぜ?原因

靴と足の摩擦によりこすれ合ってしまい水ぶくれや擦り傷が起こることが原因とされているのが靴擦れです。
起きやすい原因として、靴のサイズが合ってないことが一番多いとされています。

それ以外には、かかと部分のカーブの位置と自分自身のかかと部分の形が合ってないことにも原因があります。
歩く姿勢や靴の硬さも原因のひとつです。

靴擦れしたときの応急処置

靴擦れの水ぶくれを潰さないようにする必要があります。

水ぶくれの中の液体は、皮膚を回復する成分が入っています。
裂けてしまうとそこからばい菌が入り、化膿してしまうこともあるため、絆創膏などをはって、菌が入らないように気を付けてください。

スポンサードリンク

靴擦れの水ぶくれを早く治すには?

皮膚再生を早く促すために、被覆材などをうまく利用することが早く治す方法です。
市販のものでは、キズパワーパッドなどが効果的です。

水ぶくれの中の液体を出し、薄皮を綺麗にとり、キズパワーパッドなどを利用してみてください。

それ以外にも、ワセリンを塗ることにより、傷口が保護され、治りが早くなりますので、ぜひ試してみてくださいね。

靴擦れしないための対策方法

靴に石鹸を塗る。

こすれることで起こる靴擦れのかかと部分の滑りが良ければ、こすれないため、石鹸を付けてみるとよいかもしれません。
その為には、靴擦れしやすい場所を予め把握しておく必要はあります。

絆創膏をはっておくのも効果的です。石鹸とセットで試してみてくださいね。

ワセリンを塗る。

こちらも予防対策になりますが、クリーム系を塗ると、どうしてもべとべとしたり、テカテカしたりするのが気になりますよね。

ワセリンは、無色透明なので、塗っていてもわからないことがほとんどです。
その為、予防対策として確実に効果がありますので是非試してみてください。

アルコールを塗布

皮の靴の場合は、アルコールを塗布することにより、柔らかくする方法で靴擦れを防ぐことができます。アルコールは気化しやすいため、濡れている間に履いて柔らかくするようにしてください。

歩く姿勢を見直してみる。

歩く姿勢を変えるのはなかなか難しいことですよね。

しかし、歩く姿勢が綺麗であれば、身体にも負担がかからないうえ、靴擦れもしにくくなります。
背筋を伸ばしてご自身に合った靴選びをしてください。靴が合ってない場合、姿勢が悪くなることも多いです。

13時~15時の時間帯に靴選びを!

一番人がむくみやすい時間帯は夕方だそうです。
その時間帯以外の時はむくみはあまりないようですので、13時~15時の時間帯に選ぶのが一番良いです。

中間の時間帯のため、むくみもなく、トラブルが一番少ない時間帯です。

ジェル製の靴擦れ防止パッドなど上手に利用。

お手軽に手に入れられて、靴擦れ防止になりそのうえ、保護もできますので、上手に使ってみてくださいね。

かかと部分に張ることで靴擦れを防げます。
絆創膏よりも目立ちにくく違和感がありませんので、効果を期待できます。

スポンサードリンク