花粉症は秋にも注意!?対策・改善方法をご紹介

秋の知恵

スポンサードリンク

秋にも花粉が飛んでいることを知っていましたか?

花粉症は、春ごろだけの症状ではないんです!

今回は、秋に流行る花粉症の症状・対策・改善方法をご紹介します!

秋にも花粉?!

実は秋にも原因となる花粉は飛んでいます。秋の花粉症の主な原因は、空き地などに繁殖する雑草で、キク科のブタクサやヨモギ、アサ科のカナムグラ、イネ科のカモガヤが代表的なもの。これらの草が開花期を迎える9~11月に花粉が飛散し、花粉症を引き起こします。

引用:アレルギー専用鼻炎薬「アレグラFX」

花粉症って春だけと思っていましたが、秋に求んでいるなんてビックリですね・・・。

スギ花粉の春よりは、被害が少ないと言われていますが、それでも注意が必要だそうです。

スポンサードリンク

症状はどんなもの?

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目や鼻、喉の痒み。

春の花粉症と同様の症状が、秋の花粉症にも出ます。

秋はアレルゲンとなる花粉の種子が小さいため、鼻から気管に入り喘息のような症状が出る事があります。

夏から秋にかけて季節の変わり目に起こる花粉症は、夏風邪と間違えられやすいので注意しましょう。

花粉症と風邪の違いとしては、

  • 花粉症では全身の痛みは出ない。
  • 熱はほとんど出ないか微熱程度。
  • 粘り気のない透明でサラサラした鼻水が出続ける。
  • 何度もクシャミが出る。
  • 鼻詰まりが良くならず長引く。
  • 春は喉のイガイガ感、秋は喉の痛みや腫れがある。
  • 咳はごく稀に出る程度。

風邪にしては症状が長引いている、痒みが強い場合には秋の花粉症かもしれません。

すぐに医師に相談しましょう!

スポンサードリンク

対策はどんなもの?

何と言っても

花粉を吸わない!室内に持ち込まない!

ことです。

●風の強い晴れた日には外出を避ける。

※午後3時頃までが花粉のピークと言われています。

●外出の際はマスク、眼鏡などをする。

※市販されているマスクに、濡れたガーゼなどを入れて保湿をすれば充分効果があります。

●洗濯物は室内干しにする。

※また、外出から帰宅したら入室前に衣服を叩き、花粉を落としましょう。

●雑草に近づかない。

※飛散量の多い時期に空き地や河川敷に近寄らなのがベストです。

食べ物から取り入れる

●青魚

青魚にはEPAが多く含まれています。

EPAには抗炎症作用があり、アレルギーを抑制する効果があると言われています。

秋に旬を迎えるサンマにもEPAが含まれていますので、オススメです♪

●ヨーグルト

乳酸菌が沢山含まれています。

乳酸菌を摂取することによって腸内環境が整い、その結果花粉症などのアレルギー緩和に効果があると言われています。

スポンサードリンク

治療はするには?

耳鼻科、アレルギー科、眼科、内科などに受診し、専門医へ相談しましょう。

●内服治療法

抗ヒスタミン薬を内服する方法です。
目や喉の痒み、鼻水等の症状を抑えることができますよ。

薬局でも薬が買えます

症状が出てきたら、早めに医療機関を受診した方が症状の改善につながります。

しかし花粉症でありながら病院に行く暇がなく、受診出来ないという方もいると思います。

病院に行く暇がない方には、薬局にも花粉症の内服薬点眼薬が置いてますので、薬剤師へ相談して下さいね。

内服や食事で辛い花粉症の症状を緩和しましょう!

 

 

 

スポンサードリンク