【ジンクス】鼻の中のニキビは、妊娠するってほんと!?

妊婦 健康の知恵

スポンサードリンク

ニキビと聞けば、思春期の女の子の顔にプクッと出来る吹き出物というイメージをもちます。

しかし、時にニキビは「鼻の中」に出来る場合があります。
鼻の中に出来ると、とにかく不快な気分になりますよね。

しかし、鼻の中にニキビが出来ると妊娠する、という話があるのをご存知ですか?

鼻の中にニキビが出来ると、妊娠するの?

鼻ニキビ 妊娠
いわゆるジンクスなのですが、「鼻の中にニキビが出来ると、妊娠する」という話があります。

理由はわかってはいませんが、ネットの掲示板を見るとたくさんの報告が見つけられました。

これは、信憑性がありそうですね。
また、鼻の頭にニキビが出来ると「自分の周りの人が妊娠する」というジンクスもあるそうです。

しかし、喜んでばかりもいられません。

鼻の中のニキビは、ヘタにいじったりすると化膿して、ほかの病気につながる危険性もあるのです。

次からは、鼻の中にできたニキビのケアについてご紹介します。

スポンサードリンク

なぜ鼻の中にニキビが出来るのか

鼻の中 ニキビ 繰り返す

鼻の中は鼻水で常に湿っており、清潔に保つには難しい場所とされています。
湿った場所には細菌も増えやすくなっており、まさにニキビが出来やすい場所と言えるでしょう。

では、ニキビが出来る原因をあげてみます。

鼻をほじる

汚れた手で鼻をほじることにより細菌が鼻の中に入って炎症を起こすことがあります。
また、爪で鼻の粘膜を傷つけ、そこに細菌が入りニキビが出来ることも原因にあげられます。

鼻毛を抜く

日頃から鼻毛を抜いている人は、ニキビが出来やすいです。
抜いた毛の毛穴から細菌が入り炎症を起こすことがあるからです。
鼻毛は空気に含まれる雑菌や埃を取ってくれる役割があるため、抜かない方が体にはいいですよ。

鼻炎

鼻炎は鼻の中に埃が入ったり、花粉症などで鼻腔が炎症を起こすことをいいます。
鼻炎は鼻水が出るので何度も鼻をかみますが、これにより粘膜が傷つけられ細菌が入り込んでニキビが出来やすくなります。

免疫低下

ホルモンバランスの乱れや、加齢、ストレス、不規則な生活をしていると免疫力が低下し、細菌が体に入りやすくなります。

スポンサードリンク

鼻の中に出来たニキビのケア方法

鼻の中にできたニキビは、きちんとケアしなければ悪化したり、繰り返すようになってしまいます。
そうならないためにも、できた後の対策をしていきましょう。

手や指を清潔に保つこと

手は物に触ったり、空気にも触れるのでいろんな細菌がついています。
どうしてもクセで触っちゃうって人は、手を良く洗って清潔に保ちましょう。

鼻毛は切る

毛を抜いて、毛穴に細菌を入れないためにも、鼻毛は抜かずに切りましょう。
手で抜く人もいらっしゃいますが、鼻毛を切るはさみも安く売っていますので切って整えましょう。
はさみも清潔にするのを忘れないでくださいね。

ニキビはつぶさない

ニキビはつぶしてしまうと細菌が入り込んでしまい、ニキビを悪化させてしまいます。
また、肌を硬くしてしまうのでニキビが出来やすい状態になってしまいます。
気になってしまうと思いますが、絶対につぶさないようにしましょう。

食生活を見直そう

油っぽい物、タンパク質を多く含むものは皮脂の分泌を過剰にしてしまう成分です。
積極的にビタミンを摂るようにしましょう。

特にビタミンB2は皮脂の分泌を正常に直し、肌を健康に保つ役割をしています。
なので、レバーや卵、葉菜類などをよく食べるようにすると良いでしょう。

スポンサードリンク

鼻のニキビは繊細

鼻の中にニキビが出来ると、嫌な気分になります。
ニキビとはちゃんと向き合い、着実に治していくことが大事です。

しかし、「もしかして妊娠!?」なんてこともあるかもしれません。
もし鼻の中にニキビが出来たら、ちょっと期待してしまうかもしれませんね。

スポンサードリンク