爪白癬 治療 漢方での対処法は?

健康の知恵

スポンサードリンク

こちらの記事では、爪白癬 治療 漢方での対処法についてご紹介します。自分の足に水虫ができたらと考えるとツライですし、他人には知られたくありませんよね。

しかし、水虫の場合は市販の治療薬が多いので、まだ対処の仕方があるのですが、水虫と同じ菌でなる病気に「爪水虫」というものがあります。

あまり知られていないのですが、この病気に感染している人は、日本では10人に1人の割合と言われています。
自分の周りにも感染している人がいても不思議ではありませんね。

そして、爪水虫が感染する原因で一番多いのが、自分の足水虫から感染する場合です。自分が足水虫の場合は、爪水虫になる可能性も高いです。

その理由は、爪水虫が水虫と同じ菌「白癬菌」で、足水虫を長時間放置していると皮膚から爪の中へと菌が侵入してしまうからです。

※知恵ばぁ愛用の爪水虫薬はコレ
>>クリアネイルショット

爪白癬とは?

爪水虫の正式名称が「爪白癬」です。そして、水虫の正式名称が「足白癬」です。

見てわかるように、足水虫も爪水虫も、原因は「白癬菌」です。白癬菌というのはカビ菌(真菌)です。

白癬菌は皮膚に付着すると皮膚表面の角質層に侵入しようとします。

爪水虫
出典:spotlight-media.jp

白癬菌は、角質層に侵入するまでに、約24時間かかります。
もし、足に白癬菌が付着したとしても、石鹸などの洗浄剤で綺麗に洗うと感染はしません。

しかし、角質層に侵入してしまうと、ケラチンというタンパク質をエサにし定住してしまいます。

爪は、白癬菌にとってはケラチンが豊富にあるので、定住し侵食を続け、増殖していきます。

爪水虫は足水虫と違い、白癬菌が爪で守られている状態なので、薬も浸透しにくく、治りも普通の水虫に比べると遅いといわれています。

このやっかいな爪水虫を治療するには、いくつかの治療方法があります。

病院を受診した場合に多い治療法は内服薬による治療です。

塗り薬も用いる場合もありますが、通常の水虫と違い、爪の中まで直接ぬり薬をつけることができないので、完治するのには不十分な場合が多いようです。

しかし、内服薬にはデメリットがあります。

内服薬の場合は、薬を飲む事で肝臓の数値が悪くなったり、胃腸に負担がかかることがあるので服用できない人もいます。

そんな人は塗り薬やレーザーで治療する方法もあります。

しかし、レーザー治療は国で認可していないので治療費は実費になり、通常の水虫治療より金額が高くなるというデメリットがあります。

そこで、紹介したいのが「漢方薬」での治療です。

爪白癬の漢方治療

爪水虫の治療方法の1つとして「漢方薬」での治療をする人も以外と多いです。

塗り薬も効果がなく、肝臓が悪いので内服薬も飲めない、レーザー治療は金額が高くてできないなどの理由から治療できない人が漢方薬で治療しているようです。

漢方薬は、肝臓の悪い人や胃腸の弱い人でも安心して続けられるので、そういう人には漢方がおすすめです。

病院で、漢方を希望することを伝えれば、対処してもらえます。

爪白癬の対処方法

爪水虫の場合は病院で診断してもらい治療を進めていく以外に、効果の高い対処の方法はありません。

放置していると、良くなることは絶対になく、感染が自分の他の爪や皮膚に広がってしまい、他人にも感染してしまいます。

自分が爪水虫だと疑った場合は早めの受診をオススメします。

ちなみに、我が家では新発売になった爪水虫専用ジェルを使っていますが、画期的な商品というだけあって、市販品の中では一押しです。ご参考にどうぞ。

>>81%が効果を実感!爪水虫の根本対策には『クリアネイルショット』

スポンサードリンク