離乳食初期の簡単な野菜の下ごしらえをご紹介!

離乳食 妊娠・出産・赤ちゃんの知恵

スポンサードリンク

5、6ヶ月ごろになると、離乳食をはじめるママも多いのではないでしょうか?

赤ちゃんの成長を感じられる、楽しい時間が増えますね♪

とはいえ、毎日の家事にプラスして離乳食を準備するので、大変なんですよね・・・。

そこで今回は、離乳食初期に役立つ、簡単な野菜の下ごしらえをご紹介します!

離乳食初期の野菜

10倍粥に慣れてきたら、次は野菜もあげてみましょう!

離乳食初期にあげる野菜には、オススメのものと不向きなものがあります。

詳しくご紹介していきますね♪

離乳食初期から食べれる野菜

離乳食初期から食べれる野菜は、

  • じゃがいも
  • トマト
  • にんじん
  • ほうれん草
  • かぼちゃ
  • 大根

などがあります。

栄養も取れますし、彩りも良く10倍粥の味のアクセントにもなりますよ。

特にかぼちゃは甘いので、大好きな赤ちゃんも多いかと思います♪

1日1品ひと匙ずつから初めて、機嫌がいい時にあげてみましょう!

離乳食初期には不向きな野菜

離乳食初期に避けたい野菜は、

  • ゴボウ
  • きのこ
  • れんこん
  • きゅうり
  • ピーマン
  • いんげん

などがあります。

弾力や噛みごたえがあり、すり潰しが難しい野菜。
食物繊維が多く、赤ちゃんにとっては消化が難しい野菜が該当します。

離乳食初期には、向いてないので注意してくださいね!

スポンサードリンク

簡単な下ごしらえ

離乳食

ママは、赤ちゃんのお世話の他にも、家事やお仕事など、やることが沢山ありますよね・・・。

離乳食初期は、どうしても下ごしらえに時間がかかってしまいます。

だからといって、赤ちゃんのために手抜きは出来ないですし・・・。

チエばあ
そこで!チエばあが時短で、ちゃんと下ごしらえができる方法を、お教えしましょう♪

電子レンジでチン♪

鍋にお湯を沸かして、野菜を入れて、茹で上がるのを待ち、お湯を切り・・・。

離乳食の準備って面倒だなぁ・・・と感じているママも多いはず。

そこで!電子レンジを使えば、時短もできるし、光熱費節約にもなるんです!

離乳食の下ごしらえにも、ぜひ活用しましょう♪

やり方は簡単!

  1. 小さく切った野菜を、耐熱皿に入れラップします。
  2. 電子レンジに入れて、数分待ちましょう。
    ※中まで加熱されていなかったら、もう一度過熱してください。

だったコレだけです!

お鍋で調理するより早くて楽チンですよね。

さらに、野菜から出たダシは捨てずに、離乳食に活用してあげましょう♪

注意点としては、加熱しすぎないことです。野菜がパサパサになってしまうので、注意してくださいね。

すり潰しの時短

赤ちゃんは、まだ飲むことしか出来ないので、とろとろのペースト状にする調理が必要です。

目安としては、ヨーグルトの様な固さです。

こし器でペースト状にするのもいいですが、冷凍ストックを作るとなると、量もありますし、かなり時間かかりますよね・・・。

そんな時には、フードプロセッサーを使うと、あっという間に、ペースト状になりますよ♪

1台あれば普段の料理にも使えるので、もってない方は、この機会に購入してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

これから離乳食を始める方は、今から始めて食べたときの赤ちゃんの反応が楽しみですね!

また、赤ちゃんの好みで食べなかったりする事もありますが、ミルクや母乳からでも栄養は取れます!

離乳食初期なので、焦らず赤ちゃんのペースで進めて下さいね♪

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです♪

スポンサードリンク