この症状が出たら注意!熱中症の初期症状と対策

晴れ 夏の知恵

スポンサードリンク

皆さんは、熱中症について、どれくらい知っていますか?

梅雨の時期の6月から、熱中症は多くみられます。

7、8月になると、記録的な猛暑日も続いたりと、より熱中症の危険性が上がります。

しかし、熱中症は予防できる病態です!

重症になる前に、初期症状と対策を学んでいきましょう!

初期症状を見逃さないで!

初期症状が分かれば、すぐに対処ができますね。

どんな症状がでるのか、知っておきましょう!

そもそも熱中症とは?

人間は、体温を36-37度に保つために、体の熱を出したり、汗をかき冷やしたりしています。

しかし、気温や湿度が高い場所に長時間いると、

  1. 体温調節機能の働きが悪くなる。
  2. 水分や塩分が失われていく。
  3. 体温が上がっていき、熱中症になってしまうのです。

小さな子供・高齢年者・体調が悪い方が、特に熱中症になりやすいので、注意が必要です。

また熱中症は、最悪の場合、命に関わることもあるので、とても危険なんです!

見逃さないで、熱中症の初期症状

初期症状としてでるのが、

  • 立ちくらみやめまい
  • 筋肉のこむら返り
  • ボーっとする吐き気がある
  • 汗が止まらない

といった症状です。

これらの症状を感じた時は、すぐに涼しい場所に移動し、水や扇風機などで体を、冷やしてあげましょう。

そして、塩分・水分補給をして下さい。水分補給には、経口補水液がおススメです。

経口補水液には、脱水で失われた、水・電解質(ナトリウムなどの塩分)の補給に優れているので、夏場は常備していると安心です。

また、熱中症が重症になってくると

  • きつけや痙攣
  • 呼びかけに応対しない
  • まっすぐ歩けない
  • 体が熱い

などの症状がでて、命に危険が及びます。

すぐに、救急車を呼び対処しましょう!

スポンサードリンク

熱中症の対策方法

青空

次に、重症になる前に対策をご紹介します!

熱中症にかかりやすい場所

  • 30度以上の猛暑日
  • 地面からの照り返し
  • 車内などの風通しが悪い場所

が熱中症になりやすいです。

室内でも、湿度や気温が高いと、熱中症にかかってしまいます。

「電気代が気になるから…。」とエアコンを我慢をして、熱中症になったら危険です。

「暑いな…。」と思ったら我慢をせずに、エアコンで温度を、下げてあげましょう!

また、扇風機に保冷剤をつけて、より涼しい風を送ることができる、アイテムも売っていますよ♪

こちらの記事もオススメです♪

紫外線カットをして予防

外出をする時に、紫外線を防ぐことで熱中症の予防ができます。

  • 風通しのよい帽子
  • 日焼け止め
  • ラッシュガード
  • 日傘

最近では、女性だけではなく、男性も日傘を活用している方が多いらしいです!

男性用の日傘あったりと、注目されています。

他にも、ミニ扇風機付きの日傘も人気で、熱中症対策にもってこいですね♪

コチラの記事でも紫外線予防の情報を載せています♪

暑さには冷んやりを!

すぐに体温を、下げたい方にはコレ!

  • 瞬間冷却スプレー、シート
  • ヒヤロン
  • 首に巻くアイスノン
  • 冷感タオル

特に、おススメしたいのが、冷感タオルです!

冷感タオルを、水に濡らして絞り、気化熱を利用して冷却してくれます。

水があれば繰り返し使え、タオルなので持ち運びに便利と、外で活動する方に人気があります♪

ほかのアイテムも、手軽に冷却できるので、目的に合わせて、利用してみて下さいね!


チエばあのオススメは、こちらのCCT冷感タオルです。

UVカットも備えており、値段もお手軽な1,000円程とリーズナブルなのが嬉しいですね♪

ひんやり冷感タオルの詳細はこちら

スポンサードリンク

まとめ

熱中症は、誰にでも起こり得ることなので、症状と対策を知っておくことが大切ですね。

いざという時に、ちゃんと対応できるようにしたいです。

チエばあ
まだまだ、暑い日が続きます!皆さんも、熱中症に気をつけて下さい!

スポンサードリンク