効率の良いエアコンの使い方!つけっ放し?こまめに切る?

夏の知恵

スポンサードリンク

この季節、エアコンは必要不可欠ですよね。

しかし、「エアコンを使わない時期に比べ、電気代が2倍になっている!」なんてことはありませんか?

そこで、効率のいいエアコンの使い方を紹介します!

効率のいいエアコンの使い方!

ショックを受ける

冷房を付けっ放しにすると寒すぎるし、切ると暑い・・・。
寒すぎるから冷房を切り、暑くなってきて30分後にまたつける・・・。

こんなエアコンの使い方をしている方は、多くいらっしゃると思います。
チエばあも良くやっていた一人です。

エアコンの使い方については、色々言われていますよね。

例えば、エアコンの電源をつけるときはすごい労力がかかり、電気代がかかる等。

でも実際のところ、一番電気代がかからない使い方はなんでしょう?

スポンサードリンク

エアコンの付けっ放しはマメに切るより電気代がかかる

エアコン

部屋の広さにもよりますが、一部屋やワンルームの場合は単純な計算をすると、エアコンの付けっ放しの方が、電気代がかかります。

しかし、これらは使い方次第です!
エアコンは、外気温との温度差が大きい方が電気代がかかるのです。

つまり、冷房よりも暖房の方がコストがかかるということです。

例えば、

  • 冬の外気温5度→暖房の設定温度28度 外気温との差23度
  • 夏の外気温35度→冷房の設定温度28度 外気温との差7度

というわけです。

エアコンの電源をマメに切る場合

先程ちらっと言ったのですが、エアコンは外気温との差が大きいほど電力消費になります。

これを踏まえると、

  • 冷房の場合、外気温が高い日中にマメに切る作業をすると、室内との温度差が大きくなるので、エアコンの電源をつけるときの電気代が高くなるのです。
  • 深夜のある程度外の気温が下がった時は、外気温との差が小さくなるので、電源をつけるときの電力もそんなにかからない為、こまめに切った方が安くつきやすい
  • 日中の30分、夜中の20分程度の間隔でマメに切っている場合であれば、電源をつけるときの電気代などを考えると、付けっ放しの方がコスト削減になります。

なのでちょっとコンビニへ行く。
なんて時は、付けっ放しにしておくことをオススメします。

スポンサードリンク

効率のいい工夫したエアコンの使い方

工夫で乗り切る!

これまで、エアコンは付けっ放しにするのか、マメに切った方が安いのかを紹介しました。

エアコンは、工夫した使い方をするともっと効果を発揮してくれて、電気代の節約効果もアップしますよ!

フィルターの掃除をする

いくら冷房の温度を下げても、フィルターに埃が溜まっていると、本来の機能を発揮することができません。

小まめにフィルターの掃除をして、エアコンをキレイに保ちましょう♪

遮断カーテンをする

冬場、エアコンをつけていても部屋は暖かいけど、窓際に行くと寒いなんてこと、ありませんか?

そんな方には、遮断カーテンがオススメです。

夏は熱を遮断し、冬は寒さを遮断します。
これにより部屋の温度を保ちやすくするのです。

設定温度を一定に保つ

ある程度一定の温度に保っている方が、電気代の節約にはなります。

小まめに温度設定を変えることはやめましょう!


チエばあ
今回ご紹介した方法を是非試して、財布にも、地球にも優しく心地の良い空間を保ってくださいね!

コチラの記事も参考にしてみてくださいね♪

スポンサードリンク