夏のお肌トラブル。原因はアレだった!解決方法と対策!

美容の知恵

スポンサードリンク

今年も暑い暑い夏がやってきました。皆さんは、夏のお肌トラブルを感じた事がありますか?

私は、夏の日焼けによるシミ!がとても気になります。

年々歳を重ねると、どんどん増えて、濃く、大きくなっているのは気のせいでしょうか?

夏のお肌の大敵!とは何でしょうか?

夏のお肌のトラブルを起こすもの…。皆さんもうご存じですよね?

そうそれは、ズバリ!紫外線です!

「紫外線」とはどんなものでしょうか?

お肌の大敵と言われている「紫外線!」何がそんなにお肌に悪いのでしょうか?

先ずは、紫外線について調べてみました!

「紫外線」とは、太陽から放出されている太陽光線の一部なのです!

これは、肉眼では見る事が出来ないもので、「不可視光線」です!

可視光線とは何か?

それでは、「可視光線」とは何でしょうか?

「可視光線」とは、「赤」「橙」「黄」「緑」「青」「藍」「紫」の七色で構成されています。

これは、「虹色」というものですね!

紫外線は、この「紫色」の外側に位置しています。

そして紫色を超えた!というラテン語の「ultra-violet」からきています!

紫外線を「uv」というのは、この「ultra-violet」を略したものなのですね!

「uv」と言われている「紫外線」の作用とはどんなもの?

「紫外線」には殺菌作用や、「日焼け」等、科学変化の作用が大きいという事が特徴の一つです!

その為「紫外線」は、「科学線」とも呼ばれています!

余談ですが、「紫外線」は、1801年にドイツの物理学者リッターによって発見されました!

紫外線の種類は、どんなものがあるのか?

「紫外線」には大きく3つに分かれます。

  • UVA(紫外線A波)
  • UVB(紫外線B波)
  • UVC(紫外線C波)

次に特徴について調べてみました、

UVA(紫外線A波)

「生活紫外線」とも呼ばれています!太陽光線のうちの90%を占めている「紫外線」です。

波長が長いので年間を通して地表に到達します。

「紫外線」の中では最も害が少ないとされています。

しかし活性酸素を発生させるエネルギーは、「紫外線B波」よりも強いのです。

その為、長い時間をかけて肌の真皮にかけて浸透します。

そしてコラーゲンを破壊します。するとそれが原因となり、シミ、シワやタルミとなります。

それに「色素沈着」を起こしてしまいますが、これは同時にメラニンを生成する事で、「紫外線」から肌の細胞を守る役割もしています!


UVB(紫外線B波)

「レジャー紫外線」とも呼ばれ、前の10%程の紫外線です!

しかし影響力が大変強く、「紫外線A波」と比べ、最大で1000倍は有害とされています。

「紫外線B波」は、肌の表面に強く影響を与えるものです。

赤い炎症を伴う日焼けやシミ、シワ、ソバカス、乾燥肌等、肌の老化を進めてしまったりします。

それに、皮膚がんや白内障、免疫力の低下等、健康に影響を及ぼしてしまったりもします。


UVC(紫外線C波)

オゾン層に吸収される為に本来は到達できない紫外線です。

殺菌作用がとてもあり、主に人口的に作られたものを医療現場で使われているものです。

ところが、このUVCは、生物に対する影響力が最も強いだけに、近年オゾン層が破壊されて私達に影響を与えるようになりました!

私達の体への影響がとても懸念されています!

スポンサードリンク

どうしたら紫外線から肌を守る事ができるのか?

日傘・サングラス

先ほど「紫外線」のお肌に及ぼす怖い影響について書いてみました。

そんな事を考えてみると、「私は紫外線が怖くて外ヘ出られない!」となってしまいますね?

でも大丈夫です。これさえ実行して頂ければ…!

【行動する時間帯を選ぶ】

春から夏にかけての昼間の時間帯、太陽の日射しが強くなる時間帯の外出は避けましょう!

時間帯にすると、9時~14時の間です!

もしもこの時間帯に出かけなければいけない場合は、「日焼け対策」を万全にして出かけましょう!

【適切に日傘を使おう!】

日傘を使う事によって、そして選び方によっては、紫外線をより防ぐ事が出来ます!

《ここでワンポイント》

紫外線予防効果が期待できる日傘の選び方を挙げてみました。

①UVカット率を確認する。

「UVカット率99%」と表示してあるものや、「紫外線透過率1.0以下」等の透過率の低い日傘を選びましょう。

②できるだけ完全遮光の日傘を選びましょう。

太陽光線を完全にカットする事を完全遮光と言います!

「完全遮光」や「遮光率99.9%」という表示のものが特にオススメです!

③日傘の内側がシルバーコーティングしていないものを選びましょう!

内側がシルバーコーティングしてあると、地面からの光を集めてしまい、顔に光を浴びてしまう事になります!

シルバーコーティングだけでなく、内側が光を集めやすい素材のものも避けましょう!

④日傘を2年以上使い回さないようにしましょう!

日傘も使い続けてしまうと、UVカット加工や遮光部分が磨耗してしまい性能が下がってしまうからです。

【サングラスを利用しよう!】

目に「紫外線」が多く入ると日焼けやシミの原因になってしまいます。

これは「紫外線」の刺激が脳に伝わると、「日射しが強い」と勝手に判断してしまい、メラノサイトに多くメラニンを作るように指示を出してしまうからです!

これが、シミの原因になってしまうのですね!怖いですね!

スポンサードリンク

夏のお肌を守る為に大切な事!自宅で出来るお肌のケアについて!

次に夏のお肌のケアについて少し触れます!

外出する時には「日焼け止め」を効果的に使いましょう!その時に塗り方のコツがあります!

皆さんは、「日焼け止め」を付けたのに日に焼けてしまったという経験はありませんか?

ここに「日焼け止め」の使い方のいくつかの注意点を挙げます!

①塗る量に気をつけましょう!

メーカーの推奨する量をムラなく伸ばして塗るのがコツです。

②塗る場所にも気をつけましょう!

私達は、ついつい鏡で見て見えるところを重点的に塗ってしまいます。

フェイスラインや顎の下、耳周りや首等、見えないところのケアも忘れないようにしましょう。

③塗り直しのタイミングに気をつけましょう!

「日焼け止め」は、時間と共に汗等で剥がれ落ちてしまいます。

大量の「日焼け止め」を塗るのではなく、メイク直しの度に塗り直しましょう!

出来れば2~3時間置きに塗り直しをすると効果的です!

これは、ウォータープルーフタイプも一緒です!

こまめな塗り直しがUVケアの点において差が出てきますよ!

まとめ

夏のお肌のトラブルの原因は、「紫外線」によるものでした!

「紫外線」を予防する為には身に付けるものを工夫したり、「日焼け止め」を効果的に使う事でトラブルを防ぐ事が出来ます!

「紫外線」の悪影響ばかりを気にするのではなく、夏を上手く快適に過ごす工夫をするのはどうでしょうか?

今からでも遅くはありません。出来る事から始めてトラブル知らずのお肌を作って夏を乗り切っていきましょう!

スポンサードリンク