赤ちゃんと一緒に涼しく過ごすコツ3選!

夏の知恵

スポンサードリンク

毎日毎日あつい日が、続いていますね~。

照りつける太陽と、モアっとした空気・・・。少し外に、出ただけでぐったり・・・。

コンクリートの、照り返し熱で、ベビーカーの体感温度も上がり、赤ちゃんに熱中症の危険さえあります。

日焼けなどの肌トラブルも、心配になってきますよね。

だけど、家にずっと引きこもるのも、可哀想だし・・・。

真夏でも、親子で快適に過ごせる方法は無いのでしょうか?

室内施設を利用する!

家にいても、熱中症には気をつけなければなりません。

毎日クーラーを、24時間付けっ放しのご家庭は、多いかと思います。

そうなると、心配になるのは電気代!

家にずっといても、赤ちゃんもママもストレスが、溜まってしまいますね。

そんな時は、クーラーが効いているところに行こ~!

児童館や支援センターの無料施設

お金をかけずに快適に過ごすなら、児童館や支援センターが、オススメです!

無料で利用でき、おもちゃ・絵本も数多くあります。

その場にいたママ達と「お子さん何ヶ月ですか?」から、会話が弾み、育児の悩みや情報交換できる事も♪

地域によっては、月年齢別のイベントもやってたりします。

お住いの地域の、ホームページを覗いて、足を運んでみてはいかがでしょうか♪

ショッピングモールにあるキッズ施設

買い物ついでに、ショッピングモール内にあるキッズスペースは、いかがでしょうか?

有料の施設には、大型遊具のトランポリン、巨大ボールプールなどがあったり、お家や公園にはない遊具に、兄姉も喜ぶこと間違いなし!

中には、雑誌やマッサージ機が、設備されている所もあるので、家族みんなで楽しめるかと思います。

また、乳児・幼児専用スペースと分かれてたりする所もありますので、安心して赤ちゃんを、遊ばせることができますよ♪

スポンサードリンク

水遊びでクールダウン!

水遊び

夏といえば、海やプールですよね!

しかし、夏休みシーズンで混んでたり、オムツしている赤ちゃんは、プールが利用できない施設も、多いですよね・・・。

そんな時は、ベランダやお庭で子供用プールを活用するのは、いかがでしょうか?

小さなボールやジョウロを使って、水の音や感触が、赤ちゃんの好奇心を刺激します♪

プールはちょっと無理だな~って方は、お風呂にぬる~い温度のお湯を腰くらいまで溜めて、遊ばせるのもオススメです♪

小さいお子さんは、溺れてしまう危険がありますので、目を離さないよう注意してくださいね!

スポンサードリンク

熱中症対策をしてお出かけしよう!

次は外出のときに、熱中症から赤ちゃんを守るアイテムをご紹介します!

熱を下げる対策のほかに、あせも・日焼け・虫刺されなどの肌トラブルにも気をつけましょう。

赤ちゃん用のアイスノン

赤ちゃんが嫌がらないように、カチカチに凍らず、保冷剤と同じ役割をします。

ベビーカーや、抱っこ紐の専用カバーに入れて、熱中症対策ができます。

ミニ扇風機

簡単に取り外しができ、充電式で繰り返し利用できます。

ベビーカーの中は、熱がこもって暑くなります。

取り付け扇風機で、風を送ってあげると赤ちゃんも快適で喜びますよ♪

冷却スプレー

夏場は、車の中の気温が上がり、チャイルドシートも高温になってしまいます。

そんな時、冷却スプレーをすることでサッと、温度を下げてくれます♪

UV効果のある帽子や、洋服を身に付ける。

赤ちゃんの肌はデリケートなので、UV効果の帽子・洋服が最適です。

つばが付いてるデザインや、メッシュ加工の風通しが、良いものを選ぶといいでしょう!

西松屋などの赤ちゃん洋品店にもいろんな種類のものが売っていますよ~。

日焼け止め、虫除けクリーム・スプレーを塗る。

赤ちゃん用の優しい成分を、使ったものがたくさんあります♪

ウォータープルーフもあるので、海やプールに、行く時でも使えますよ。

ちょっと値が張りますが、日焼け止めと虫除けが合わさったこちらのスプレーが便利でオススメです。

汗をこまめにふいてあげ、肌着を着替えさせてあげる。

赤ちゃんは、とっても汗っかきで、デリケートです。

汗でびしょびしょのままでは、あせもや、風邪が、心配になってきますね。

こまめに汗を拭いたり、肌着を変えてあげるといいでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

赤ちゃんにとって、はじめての夏!

こまめな水分補給と、暑さ対策で、夏を楽しく過ごしましょうね♪

スポンサードリンク