野菜の正しい保存方法!長持ちさせる方法について

野菜 料理の知恵

スポンサードリンク

ひょっとして、買った野菜をそのまま冷蔵室に入れていませんか?

それはちょっと勿体無いことをしていますよ!

野菜は正しく保存すれば、通常より美味しく食べれる期間がぐーんと伸びるのです。

野菜を長持ちさせる正しい保存方法!

野菜といっても、その種類は沢山ありますよね。
ということは、それだけ適切な保存方法も違ってくるという事です。

今回は、野菜の中でもキャベツ・大根・万能ネギの3つの野菜の保存方法をご紹介します!

キャベツ

キャベツ

サラダとして、彩り用の盛り付けとして、スープに少し、などいろんな場面で大活躍するキャベツ。

1玉購入して、数日かけて使い切るといった家庭も多いかと思います。
正しく保存することで、数日後も美味しく召し上がれますよ♪

キャベツの保存方法
  1. 芯をくりぬきます。
  2. 濡らしたキッチンペーパーをくりぬいた箇所に詰めます。
  3. キャベツを濡らしたキッチンペーパーで包みます。
  4. ポリ袋に入れて、冷蔵庫に入れます。

    ※この時、ポリ袋の口は開けたままにしましょう。

この方法で、おおよそ1カ月ぐらいは持ちます。

また冷凍保存になりますが、すぐ調理できる様に作り置きしておくことも可能です。

作り方は簡単♪

作り置きキャベツ(冷凍保存)
  1. 使いたい用途のサイズに切って、洗ったあとに水を切ります。
  2. ジップロックに入れて、そのまま冷凍室にいれるだけ。

スープに入れる場合は、凍ったままお鍋に入れるだけなので、使い勝手がいいですよ~。

しかし、キャベツ特有のシャキシャキ感が消えてしまうので、スープとして使用するのがオススメです!

冷凍キャベツは2ヶ月ほど保存できます。

スポンサードリンク

大根

大根

次は大根です。

こちらも大きいので、1回では食べきれない食材ですね。

大根は大きいので、そのまま保存してしまうと、冷蔵庫の中を独占してしまいます。

そこで、3等分くらいに切って保存するようにしましょう。

大根の保存方法
  1. 大根を3等分に切る。
  2. 切った大根をラップでしっかり包み、冷蔵庫に入れます。

この方法で、大よそ2週間は保存できます。

また、キャベツと同様、用途別に冷凍保存もできます。

作り置き大根(冷凍保存)
  1. 使いたい大きさにカットします。
  2. ジップロックに入れて、そのまま冷凍室へ入れるだけです。

大根は、冷凍すると本来持っている水分が抜けてしまうので、シャキシャキ感がなくなってしまいます。

チエばあは、お味噌汁やおでんなどの煮物に使用するようにしています。

特に煮物に使用すると、冷凍大根の方が味がしみやすく美味しく食べられますよ♪

長期保存も出来ますし、一石二鳥ですね♪

万能ネギ

ネギ

万能ネギは、料理のちょっとしたアクセントになりますよね。

万能ネギの保存方法
そのまま新聞紙に包み、野菜室に入れてましょう。

約1週間は保存することが出来ます。

また、刻んですぐ使える形にして保存しておくのも便利です。

刻みネギの保存方法
  1. 刻んだネギをタッパーに入れます。
  2. キッチンペーパーで蓋をします。
  3. 裏返しにひっくり返して、冷蔵庫に入れましょう。

キッチンペーパーにネギの水分がつき湿ったら交換の合図です。

1~2週間は保存が可能です。

刻んだネギでしたら、タッパーかジップロックに入れて冷凍保存することもできます。

この方法だと、かなり長い期間保存ができるのでオススメです。

冷凍したままお味噌汁などに入れても大丈夫ですが、風味は少し落ちてしまいます。

スポンサードリンク

まとめ

今回は、一回で使い切れない野菜の保存方法をご紹介しました。

ご紹介した方法をぜひ試して、美味しく無駄なく野菜を味わってくださいね!

スポンサードリンク