妊婦 便秘 対策方法まとめ!食べ物や運動、お茶やツボなど♪

妊娠・出産・赤ちゃんの知恵

スポンサードリンク

妊娠すると体がそれまでとガラッと変わってしまうことは多くの妊婦さんが体験しています。

今日は、妊婦便秘の対策方法について、自宅で実践できるものを中心にご紹介します!

妊婦はどうして便秘になりやすいの?

妊娠をきっかけに便秘になるのは、きちんとした理由があります。

なので、恥ずかしがらずにお医者さんに相談しても大丈夫なのですよ。

便秘の一番の要因は、女性ホルモンの働きによるもの。

妊娠すると、女性ホルモンの1種、黄体ホルモンの分泌が活発になります。

黄体ホルモンは、大腸の動き(ぜんどう運動)を抑制する働きがあります。
そのため、腸の動きがにぶくなって、便秘気味になるのです。

そのほかにも、妊娠後期になるにつれ胎児が大きくなると、腸が子宮に圧迫されるので便の通りが悪くなることもあります。

そのほかに考えられるのは

  • 運動不足
  • つわりによる食事量の低下

などがあげられます。

ツライ便秘は下剤に頼りたくなりますが、妊娠中はなるべく薬は飲みたくありませんね。

なので、体操や食事で、腸をサポートして便通をスムーズにしてあげるのが心も体も安心です^^

スポンサードリンク

妊婦は便秘で痔にもなる!?

実は、妊娠・出産で痔になる人は結構多いんです。
自覚がない軽度の方もいますが、ひどくなると痛くてツライ!

便秘による痔は、切れ痔イボ痔が多いです。

そのほか、いきみや子宮による圧迫で痔になる場合もあります。

自覚症状がある場合は、恥ずかしがることなく、早めにお医者さんに相談しましょうね!

スポンサードリンク

妊婦さんにオススメ!便秘体操&マッサージ

便秘解消には、まず腸の動きを活発にして、便を押し出すことが大切です。

オススメ便秘体操

腸の動きを活発にする体操でお勧めなのは、腰回し体操です。

シンプルながら、お腹に刺激を与えられ、お腹の大きな妊婦さんでも無理なくできますね。

コツは、足を肩幅に広げて、腰に手をあてます。

そして、時計回りにゆっくり5回、反時計回りにゆっくり5回。

これを何セットか繰り返し行いましょう。
すぐに効果が出なくても、腸が動けば便も動きますので、時間をおいてやるのもよいですね。

オススメ便秘マッサージ

お腹の上から腸を刺激すると、便秘の解消につながることも。

お勧めの便秘マッサージは、おへそを中心に、時計回りに優しく手のひらで撫でること。

強くなくても大丈夫ですので、優しく気持ちよい程度に撫でましょう。

腸の中を便が移動するイメージでやると、より効果的です。

スポンサードリンク

妊婦便秘に効くツボは?

ツボ押しは血流を良くして、複合的な効果が期待できます^^

いろんなツボがありますが、今日はお腹の大きな妊婦さんでも押しやすい、手のツボをご紹介。

間使(かんし)

便秘解消のツボまさに腸の働きをよくするツボで、即効性が期待できます。

苦しい時に、反対の手の親指で長めに押さえましょう。
気持ち良いくらいの力加減で押さえるのがコツです。

スポンサードリンク

妊婦便秘解消の食べ物は?

食事で便秘解消するコツは、腸内環境を整える食べ物を摂ること。

オススメなのは、オリゴ糖です。

オリゴ糖は腸のビフィズス菌と結びつくことで、ビフィズス菌を増やしたり活発にしてくれます。

そうすると、腸内の悪玉菌がるので、便秘解消やそのほかの病気予防にもなるんです♪

薬が飲めない妊娠中には、ぜひ摂取しておきたい食品ですね。

砂糖の代わりに使えるので、レシピは無限大(^^♪
飲み物やヨーグルトに入れたり、料理にも使えて大変便利ですよ。

先輩ママの口コミでも、オリゴ糖は根強い人気みたいです。

人気の商品なら口コミも多いので、安心して取り入れられますね^^

スポンサードリンク