アマランサスとキヌアの違いは?栄養比較や栽培方法について

料理の知恵

スポンサードリンク

キヌア アマランサス 違い

最近、スーパーフードという言葉を
テレビや雑誌でよく見かけるようになりました。

流行がありますが、どれも体にうれしい
成分や効果が期待できるので、
上手に生活に取り入れていきたいですね^^

そこで、今日はその中でも今話題の、
アマランサス
キヌア
について紹介したいと思います。

キヌア、アマランサスはなぜ注目されている?

スポンサードリンク

最近大きな話題となっている
スーパーフードとして、
アマランサスキアヌが挙げられます。

どちらも優れた栄養価を持ち、
健康と美容に良い効果があるとして
人気となっています。
似た印象のある2つの食品ですが、
その栄養成分や栽培方法などは異なっており、
それぞれに違った特徴があります。

キヌアの特徴、栽培方法

キヌアはペルー原産の穀物であり、
古くからアンデス山脈で栽培され、
人々の主食とされていました。

過酷な環境でも栽培しやすく、
とても栄養価が高いことが重宝された
といわれています。

1990年代になるとその高い栄養価が
米国NASAから注目され、宇宙食の素材
として適していると評価されたそうです。

アマランサスの特徴、栽培方法

アマランサスも同じくペルー原産であり、
紀元前5,000年頃から食べられていたと
いわれています。

また、日本においてもアマランサス 赤粟として
江戸時代から栽培されていました。
WHOから「未来の食物」と称されるほど、
その栄養成分は優れています。

アマランサスとキヌアの違い、栄養比較

スポンサードリンク

アマランサスとキヌアの栄養比較
した場合、まず一番大きな違いは
カルシウム・マグネシウム・鉄分の
含有量にあります。

それらの栄養素についてはアマランサスの
方がより多く含まれており、キヌアの
1.5~2倍ほどとなっています。

逆に、キヌアの方に多く含まれているのは、
ビタミンB1と葉酸などであり、
特にビタミンB1については、
アマランサスの9倍もの量が
含まれているとされています。

両方に共通した特徴としては、
非常に食物繊維が豊富な点が挙げられます。

アマランサス、キヌアの食べ方

アマランサスは、種と葉っぱが両方
食べられます。

種は非常に小さく、豆を炊く要領で
柔らかく炊いて食べます。
プチプチとした食感なので、塩味を強めに
炊いて、たらこの代わりにポテトサラダ
パスタに混ぜるとおいしいですよ^^

葉っぱはお浸しやサラダ、炒め物に
していただけます。

キヌアはアマランサスにくらべて
粒が大きいため、茹ででサラダにしたり、
ひき肉がわりハンバーグナゲット
していただくことができます。

おいしくて栄養満点のスーパーフード。

毎日の食事に上手に取り入れて、
いつまでも健康に若々しくいたいものですね。

スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク