キノコ狩り 関東は埼玉でもできる?スポットや種類の紹介

旅行の知恵

スポンサードリンク

キノコ狩りをするには、山林の中に入ってキノコを探すというイメージがあるので、関東ではできないイメージがありますよね。

しかし、関東地方の埼玉ではキノコ狩りができるスポットもあります。

今回は埼玉でもキノコ狩りができるところを紹介します。

スポンサードリンク

埼玉でキノコ狩りができるスポット紹介

fungi-2044114_640

埼玉ではハウス内でキノコ狩りをできる場所があるので紹介しますね。

「狭山ベリーランド」

住所:埼玉県狭山市堀兼1262-5

電話番号:04-2958-8000

期間:9月下旬~無くなり次第終了となります。

入場料金:4歳以上 100円

シーズンによって開催期間が変わるので、出かけるときは事前に問い合わせして出かけてください。

狭山ベリーランドのキノコ狩りは「シイタケ」になります。

清潔なハウス栽培なので、小さい子供から年配の人まで、気軽に立ち寄れます。

シイタケは肉厚も立派で、摘み取った物は100gあたり200円で購入できるので、採れたてのキノコを今晩のおかずに使う事ができます。

狭山ベリーランドはキノコ狩りだけではなく、イチゴ狩り・ブルーベリー狩りもできます。

「小松沢レジャー農園」

住所:埼玉県秩父郡横瀬町横瀬1408

電話番号:0494-24-0412

営業時間:10~16時(最終受付~15時)

アクセス:電車(西武横瀬駅から徒歩25分 5名以上の場合は送迎があります)
車(圏央道狭山日高ICから国道299号経由34km1時間10分)

送迎は無料になっているので、事前に連絡してください。

駐車場も140台あります。

定休日が決まっていないため、事前に問い合わせる必要があります。

キノコ狩りの期間は通年で種類はシイタケです。

入園は無料で500円で200gの摘み取りができます。

他にも12月~6月上旬まではイチゴ狩り、6月中旬~下旬はジャガイモ、ブドウやサツマイモも採る事ができます。

スポンサードリンク

きのこの賞味期限は?長期保存なら冷凍も♪

キノコ狩りで採ってきたキノコはその日のうちに食べると美味しいのですが、大量に採った場合は食べれないですよね。

キノコの賞味期限は、保存の仕方が変わってきます。

数日中にキノコを食べる場合は冷蔵庫で保存してください。

賞味期間は約1週間です。

キノコ類は湿気を嫌うので保存する場合は、新聞紙やキッチンペーパーに包み袋に入れ野菜室で保存してください。

1週間以上使わない場合は「冷凍保存」がおすすめです。

冷凍保存するときは、軸を切り落とし食べやすい大きさに切ってからジップロックなどの密封ビニールに入れます。

保存期間は約一ヶ月です。

スポンサードリンク

埼玉で立ち寄りたい観光スポット

埼玉は東京からもアクセスしやすいので観光に訪れる人も多いです。

その中で子供におすすめなのが「ムーミン童話」をモチーフにした公園「あけぼの子どもの森公園」です。

住所:埼玉県飯能市阿須893-1

電話番号:042-972-7711

アクセス:西武池袋線 元加治駅下車 徒歩約20分

営業時間:9:00~17:00

定休日:無休

入場料:無料

あけぼの子どもの森公園のおすすめポイントは、ムーミン屋敷の他にも水遊び小屋・子ども劇場・森の家の4つがあり、ムーミンを思う存分思い浮かべながら楽しむことができます。

子どもだけではなく大人も子どもの頃に返り楽しめる場所になっています。

カップルや友達・シニアにおすすめなのが「蔵造りの町並み」です。

住所:埼玉県川越市幸町2

電話番号:049-222-5556

城下町の面影のある町並みが延長450mも続き、圧倒される感じが味わえます。

スポンサードリンク