秋冬の化粧水のオススメ!乾燥肌対策にはコレ!

冬の知恵

スポンサードリンク

秋冬にはいくら化粧水をつけても、肌がカサカサになることがありますよね。

「化粧水のパッケージに高保湿と書かれているのに何で?」と首をかしげることもあるでしょう。

そんな悩める人のために、「そもそも保湿とはなんぞや」という基本から、秋冬に向いている化粧水について解説をしていきたいと思います!

秋冬に中々保湿ができない理由は化粧水にあった?

「高保湿」の化粧水をばしゃばしゃとつけても、秋冬の乾燥を防ぐことができない!

原因は化粧水の成分にあるか、はたまた、化粧水をつけること自体にあるのかもしれませんよ。

化粧水に保湿する効果があるわけではない!

肌に化粧水をつけると、肌に潤いが与えられるように思えますが、実際には違うというのです!

化粧水は水分を補うだけなので、ただ肌につけても、蒸発してしまうと言います。

しかも、蒸発するときは、補った分だけでなく元々の肌の潤いも持っていかれるのだそうです。

だから、水仕事をしている人なんかは、手がカサカサになりがちなんですね。

水分を補うと、余計に肌が乾燥するなら「化粧水をつけないほうがいいの?」と思うところですが、そうではありません。

化粧水で水分を補うのは必要でありながら、肌から蒸発しないよう対策しないと意味がないということなのです!

保湿をするには油でバリアをする必要がある!

化粧水で水分を補ったはいいものの、どうやって肌から蒸発しないよう防げばいいのでしょう?

答えは、肌に油でバリアをすることです。

といっても、肌に油をつけても、水と油は決して混ざりあわないので、はじかれてしまいます。

そこで、油の代わりに、乳液やクリームをつけるわけですね!

乳液やクリームにも油が含まれているとはいえ、水と油をくっつける効果のある界面活性剤によって、化粧水に油を馴染ませることができるのだそうです。

結局、化粧水+乳液かクリームという基本のケアで、保湿はできるのですが、気を付けたいことがあります。

肌は排出するところで吸収するところではない!

化粧水+乳液かクリームという基本のケアで保湿ができるわけですが、それでも、肌が乾燥するという人もいるでしょう。

そんな人は、化粧水+乳液かクリーム以外にも、色々と肌につけているのかもしれません。

肌は毛穴から汗や油を出すところであって、栄養を吸収するところではありません。

だから「水分を補う」「油でバリアをする」以外の効果を謳うケア用品を使っても、あまり意味はなく、べたべたと肌に多くつけることで、負担になるかもしれません。

化粧水+乳液かクリームの基本のケアをしているのに、乾燥肌になってしまう人は、他にしている肌のケアを見直したほうがいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

秋冬の乾燥肌対策におすすめしたい化粧水

乳液やクリームもつける必要があるとはいえ、まずはちゃんと肌に水分を補える化粧水を選びたいところですよね!

数多くある化粧水の中でも、どういったものが水分を補う効果が高いのでしょうか?

水分を補う!【イハダ 薬用ローション とてもしっとり化粧水】

肌荒れや乾燥を防ぐことに特化した薬用の化粧水ですね。

「水分を補う」という点でも、成分に精製水が入っているので、効果が高いと思われます。

精製水は人口に蒸留や濾過をしたもので、水道水より不純物が少なく、浸透しやすいと言います。

「水分を補う!」とシンプルイズベストに効果を求めたい人におすすめです!

肌荒れが気になる人に!【キュレル 化粧水】

キュレルの化粧水も乾燥肌、また敏感肌用に特化しています。

精製水が含まれているのも同じですが、他に肌の炎症を抑える消炎剤が入っているので、肌荒れが気になる人にはおすすめでしょう。

キュレルは乳液やクリームも扱っています。

どうせ化粧水と一緒に使うのですし、同じブランドのものを選んだほうがいいかもしれませんね。

肌への水分浸透率が抜群!【恋水ローズ化粧水】

精製水以外にも肌への水分の浸透率が高いのが温泉水!

そんな温泉水がそのまま化粧水になったというのが恋水ローズ。

源泉100%の温泉水と、防腐剤の代わりに配合された天然のローズエキス、ローズ水で作られていて、完全に無添加だと言います。

作りがシンプルで、水分が肌に浸透しやすいよう、そのことが1番に考えられた化粧水です。

スポンサードリンク