冬に快眠できるパジャマの素材や選び方は?

泥酔した猫 冬の知恵

スポンサードリンク

パジャマは値段も素材もピンキリですが、どんなものが快眠できるパジャマなのでしょうか?

冬に快眠できるパジャマの素材や選び方についてご紹介していきます。

快眠できるパジャマの素材とは?

ガーゼ素材のパジャマが一番快眠できるとされています。

その理由は、肌ざわりが良く吸水性に優れているからです。

それ以外にお勧めの素材は、綿生地です。
汗を吸収し布団の中の湿度も保ちやすいため布団の中は温かくなります。

シルクやオーガニックコットンなども汗の吸収が良いためお勧めですよ♪

ダブルガーゼやパイル生地などもお勧めです。肌触りが抜群に良いです。

通気性や発散機能そして汗の吸収に優れるものは、快眠できる要素に直結します。保温性や保湿性に優れるものはリラックス効果が得られます。

素材1つで安眠か安眠でないかが決まるとはビックリですね!

スポンサードリンク

寝やすいパジャマの特徴

寝返りが打ちやすいものが良いです。
そして、普段の服のサイズより1つ上のサイズを選ぶとより寝やすくなります。

これには理由があり、自分のサイズぴったりの物を着ると寝返りを打った時に窮屈に感じ上手く寝返ることが出来ません。結果的に安眠を妨げ熟睡ができなくなります。

その為、サイズをあげることにより寝返りがしやすくなり寝やすくなります。襟元や袖口が窮屈でないものも寝やすいパジャマの特徴となります。

パジャマのデザインで前開き尚且つボタンで留めるタイプの袖口が締まってないものが多いのは、寝返りの邪魔にならないように設計されているからなのです。

スエットやジャージなどはパジャマには適しません。締め付けが強かったり、汗を吸収しにくいためです。

スポンサードリンク

冬のパジャマの選び方

パジャマ選びは、デザインだけで決めないようにしてくださいね。機能性を重視するほうが良いです。

シルクパジャマは冬のパジャマとしては最適なのですが、お手入れが少し面倒です。

ネットに入れて洗う・中性洗剤で洗うなど少し手間がかかりますが暖かいです。肌触りはも良いので冷え性の方にお勧めです。

静電気により免疫力が下がったり、身体に不調が起きやすくなります。

冬場のパジャマ生地の大体が綿ネルが使われています。しかし、その上を育素材があります。

それは、マシュマロガーゼです。綿ネル生地の要素を組み込んでおり高い保湿性そして、吸湿性と吸水性がすべて入り込んでいます。

暖かいけれど蒸れにくく通気性もよいという万能なパジャマですのでお勧めです!

冷え対策万全で着心地も良くべたつかないのでリラックス効果は得られますよね♪しかし、少しお値段が高めです。

生地の織り方によって触り心地や風通し伸び方や機能性もだいぶ変わってきます。冬場でもコップ一杯分の汗はかいています。

汗を吸いとる機能性が高く尚且つ温かいので冬のパジャマには最適ですよ♪

空気が乾燥する冬は、静電気が起こりやすいので、フリースなどの化繊生地はできる限り避けましょう。

安眠を得るために今日からパジャマ選びに少し注意してみてください。

パジャマ選びによって熟睡でき疲れもとれ結果的に健康な体になれるので、少し上記であげたような点を参考にしてみてくださいね♪

スポンサードリンク