お葬式の服装 男女

お葬式の服装、喪服で行けば
OKなのですが、小物類でマナー違反
している方、意外といらっしゃいます。

特に女性の場合、ストッキングの色
について気になる方が多いみたい?

今回は葬儀の服装について、
おさらいしてみました。

お葬式やお通夜 女性の服装は?

スポンサーリンク

御通夜やお葬式には、ブラックフォーマル
で参列するのが一般的です。

急なことで喪服を持っていない場合は
黒いスーツでも仕方ありませんが、
しまむらやイオンなど、どこでも
喪服は売っていますので、1着もって
おくと良いでしょう。

知恵ばぁの友人の娘さんは、
初任給で喪服を用意していました。
しっかりしているな~と感心してしまいましたよ。

さて、喪服であればマナーを考慮した
デザインなので安心ですが、
葬儀では肌をなるべく露出しないのがマナーです。

なので、ミニスカートや胸元の
開いたデザインは避けましょう。

以前、モー娘の辻ちゃんがお葬式に
短いスカートで登場して、
世間の避難を浴びたこともありましたっけ。

お葬式のすとっきんぐは何色?

喪服でスカートの場合、ストッキングを
はくのが一般的です。

寒い季節のお葬式なら、タイツでも
いいでしょう。

ストッキングの色は、黒が望ましいですが、
肌色でも問題ありません。

スカートが短めな喪服なら、
黒いストッキングが無難でしょう。

同じ黒ストッキングでも、デニールによって
色の濃さが違いますが、薄いものでも
タイツのように厚手のものでも、
どちらでも大丈夫です。

お寺は冬は寒いですから、寒い時期は
厚手のものがおすすめです。

お葬式の髪型はどうするべき?

スポンサーリンク

葬儀の際の女性のヘアスタイルは、
すっきりとまとめるのが好ましいでしょう。

ロングヘアの場合は、黒いゴムや
黒いバレッタで一つにまとめます。

ボブやショートならそのままでも
良いでしょう。

お焼香の際など、みんなの前で
お辞儀をしたりする場面があります。

その際に髪がバサバサしていると
みっともないですね。
清潔感のある髪型で参列しましょう。

お葬式 ハンカチは何色?

葬儀の際に、ハンカチを使う場面も
あるでしょう。

できれば、白か黒のものを用意します。

最近ではタオル地のものを
持つ人も多いです。

どうしても白や黒が用意できないなら、
地味な色やデザインのものを選びましょう。

葬儀でアクセサリーはつけるべきか?

お葬式 アクセサリーお葬式 アクセサリーのマナーとしては、
結婚指輪以外はつけないのが基本です。

ですが、パールは涙を連想させる
して、身に着ける方も多いですよ。

その際は、ネックレスなら1連、
イヤリングなら1粒のものを選びます。
2連のものは不幸が重なることを
連想させるので、避けるのがマナーです。

毛皮のものは避けましょう

そのほか、バッグや靴、コートなど、
毛皮の物はマナー違反です。

殺生を連想させるため、
葬儀や通夜に参列する際には
避けるようにしましょう。

同じ理由から、結婚式でも
毛皮は避けるのがマナーです。
でも、最近の若い方は、ファー
ベストなどを身に着ける方が多いですね^^;

マナーを守って気持ちよく
参列したいものです。

スポンサーリンク