お葬式 アクセサリーお葬式の時のアクセサリー
つけていいものか悩みますよね。

喪服には真珠のネックレス、ピアス
イメージが強いですが、持っていない
方もいるでしょうし、そもそも
着けていくものなのか?という
疑問もあるかと思います。

今日は、そんなお葬式や告別式
でのアクセサリーマナーについて
ご紹介します。

お葬式 基本的な服装(女性の場合)

Sponsored Links

お葬式には喪服を着ていくのが
一般的です。
最近はいろいろなデザインがありますが、
黒い服であれば、リボンや刺繍が
ついていても問題ありません。

もしお持ちでないなら、ベーシックな
デザインのものを1着持っていると、
何かあったときに困りません。

お葬式の服装については
こちらに詳しくまとめています。

⇒お葬式 ストッキングやタイツの色は?女性の服装や髪型、小物編

お葬式のアクセサリーは必要なし?

女性の場合、喪服にアクセサリーを
合わせるべきか否か?と悩む方も
多いようです。

基本的に、お葬式のアクセサリーは、
結婚指輪以外はつけなくてもよい
とされています。

故人をしのぶ場ですから、
きらびやかに着飾る必要はありませんね。

ただ、アクセサリーを着ける場合は、
OKなものとNGなものがありますので
注意が必要です。

お葬式でもつけられるピアス、ネックレスは?

Sponsored Links

結婚指輪以外でも、ネックレスやピアスを
着けている女性は結構います。
特に年配の方は、真珠のネックレスを
着ける方が多いです。

真珠は、涙を連想させるため、
お葬式にはふさわしいアクセサリーと
されています。

パールの場合は白、黒が一般的です。
そのほか、ブラックオニキス黒珊瑚
などもお葬式でよく身に着ける
宝石類です。

お葬式で避けたいアクセサリー

お葬式では、以下のものは
身に着けないほうが良いでしょう。

○2連のネックレス
不幸が重なると考えられています。
ネックレスは1連のものにしましょう。

○2粒以上が連なったイヤリング、ピアス
こちらも、不幸が重なることを
連想させます。
1粒タイプのものを着けましょう。

○派手なデザインや輝くもの
キラキラと輝くカットのものや、
派手なデザインのアクセサリーは
控えるのがベターです。

お葬式で常識はずれな恰好を
しないよう、マナーを知っていれば
安心ですね^^

Sponsored Links