高麗人参は身体に良い効能があると有名ですよね。最近では健康食品に高麗人参を含んでいる商品も多く販売されています。そのほとんどが輸出した高麗人参を使用しているようです。あまり国産の高麗人参は聞きませんが作っているところはないのでしょうか?今回は高麗人参の国産情報と効能をまとめます。


高麗人参とは?

高麗人参は日本ではオタネニンジンや朝鮮人参とも呼ばれています。

日本人が使う場合は漢方薬として使うのが一般的です。

高麗人参は、ウコギ科の多年生植物で、加工法によって違いがあります。

加工法は、畑からそのまま掘り起こして使う「水参」は水分量が80%もあり日本ではあまり馴染みがありませんが、家庭料理として煮たり焼いたりして食べます。

そして、白参は太陽熱又は熱風で乾燥させた高麗人参になります。

加工したことで水分量が12%以下になるので、水参よりも保存が長くできます。

長期保存が可能で、有効成分も1番多く含んでいるのが紅参になります。

紅参は、皮をはがさずに蒸気で蒸し、自然乾燥させたものです。

高麗人参の効能は沢山あることから「不老の妙薬」として古来から珍重されてきました。


どんな効能があるの?

布団 ダニ 女性

では、古来から珍重されてきた高麗人参にはどんな有り難い効能があるのか見ていきたいと思います。

高麗人参にはサポニンという成分が多く含まれています。

このサポニンには、抗酸化作用があり細胞を若返らせる働きがあります。

古く傷んだ肌や箇所を新しく再生する働きもあるため、ターンオーバーを促進し若々しい肌へと導いてくれます。

他にも、疲労の改善や予防にも効果があり、ストレスを緩和させてくれます。

関節痛や肩こり・腰痛や関節痛などの身体の痛みにも効果があります。

さらに、高血圧や低血圧も正常値に導き、悪玉コレステロールを減らしたりと生活習慣病対策にも効果があります。

凄く沢山の効能があることにビックリしてしまいますが、古来から現在まで高麗人参がしっかり続いているのは、これだけの効能効果があるからだと納得させられました。

高麗人参の生産産地が1番多いところは?国産品はある?

現在日本で使われている高麗人参は、70%以上が中国や韓国から輸入されています。

韓国では、忠清南道錦山郡・仁川広域市江華郡の産地が有名で、中国では長白山(白頭山)が有名な産地になります。

日本で作られている国産の高麗人参は長野県東信地方・福島県会津地方・島根県松江市大根島のほんの一部でしか作られていません。

それは、高麗人参が気候や土壌を選ぶため、自然条件が合わないと生育させるのが難しいからです。

でもこれだけの効能があるのですから、国産品も沢山できればもっと安価で沢山の人が試せるチャンスがあるので、日本でも自然条件があった場所がでてくるのを願ってしまいます。

高麗人参を含んだサプリメントを試すときは、有効成分が最も多く含んでいる紅参が人気なようなので選ぶようにするといいですよ。

公式サイトはコチラ
>>>愛用者423万人が実感!
世界売上No.1高麗人参【正官庄】