おいしい 卵酒 作り方 レンジ

日本では卵酒を飲むことは、風邪の
民間療法の一つとして知られています。

卵酒とは、鶏卵、日本酒、そして
砂糖を混ぜ合わせた温かいアルコールの
飲み物です。

基本のレシピに生姜を入れたり、
豆乳や牛乳を使ったり、日本酒の代わりに
果樹酒を使うというアレンジで楽しむ
こともできます。

卵酒 作り方はとっても簡単ですし、
知っておくと風邪っぽい時に
とても役立ちますのでおすすめですよ^^

卵酒 風邪に効果的な理由

Sponsored Links

卵酒はなぜ、風邪の時に飲むと効果
があると言われるのでしょうか?

それにはいくつか理由があります。

まず、温かい卵酒を飲むと、
体温が上がり、血行が良くなります。

また、卵酒には日本酒を使うのが
オーソドックスな作り方ですが、
日本酒は他のアルコールと比べて
栄養価が高く、アミノ酸やビタミン、
ミネラルが含まれています。

そして、アルコール成分は眠りを
深くし、風邪の回復を助けてくれます。
(※作る過程で加熱するので、
ほとんど飛んでしまいますが)。

また、卵の卵白に含まれるリゾチーム
いう成分は、痰や鼻づまりを解消し、
呼吸を楽にする効果があり、一般の
風邪薬にも使われています。

こうした理由から、風邪には卵酒が
効くと昔から重宝されてきたのですね^^

卵酒 美味しい作り方 レンジで簡単(^^♪

卵酒の作り方は、鍋を使ってコンロなどで
作るのが一般的ですが、電子レンジ
使うととても簡単に美味しい卵酒を
作ることができますよ。
マグカップに材料を入れて、
電子レンジで温めるだけなので、
洗い物が少なくて済むのでおすすめです。

1人前の材料はこちら(^^♪
・卵1個
・砂糖大さじ1杯~3杯(お好みで)
・日本酒200㏄

作る手順はこちら。

①まず、マグカップに卵を割り入れて、
溶きほぐします。
そして、砂糖を加えてよく混ぜてから、
日本酒も加え、全体をよく混ぜます。

②それから、電子レンジで30秒温めて
から一度取り出して、全体を混ぜ合わせます。

③その後、30秒加熱し、同じように
取り出して、よく混ぜ合わせます。

④好みの温かさになるまで、これを
3回~5回繰り返します。

作り方のコツは、一度に加熱しないこと!
一度に加熱すると、卵が固まってしまい、
口当たりも悪くなる他、栄養も壊されてしまいます。
ですので、何回かに分けて、
かき混ぜながら作るようにしましょう。

Sponsored Links