爪を見ると自分の健康状態がわかる!と聞いたことはありませんか?

健康な爪の色は桜色・ピンク色をしています。

しかし、自分の爪の色が白いと感じたことはありませんか?

爪が白くなる病気もいくつかあり、爪の状態や症状が判断材料になります。

今回は爪が白くなる病気をふくめ、爪に関する症状や状態がどう健康に関わってくるのかまとめます。

どうして爪を見て健康状態がわかるの?

爪水虫

爪を意識してみる時ってあまりありませんよね。

マニキュアをする女性の人は見る機会も多いですが、すぐに爪本来の姿は隠れてしまいます。

爪は指先を保護し、細かい作業を手助けしてくれています。

小さい物もつかめ、硬い物でも爪があるおかげで痛みを感じませんよね。

しかし、爪は硬いですが骨のように成分はカルシウムからできているのではなく、タンパク質が角質化してケラチンという繊維タンパク質で構成されています。

そのため、爪には私達が目では見れない身体の健康状態が見れるといいます。

それは、爪が身体の末端にあるからです。

末端にある爪は、栄養が十分に行き届きにくいので、何が自分の身体に不足しているか、爪の状態を見ることでわかります。

爪の色も状態も整っているなら身体に十分の栄養が行き届いていますが、爪の色・形・状態に異変が現れるということは、何かが不足しているということになります。

髪の毛も爪と同じ末端なのでパサパサしたり細くなったりすると十分に栄養が足りていないとわかるようですが、自分でチェックするには、髪の毛より爪のほうがわかりやすいので、時折チェックするようにしましょう!

爪の状態で何がわかるの?

爪に筋が入っている!ボコボコしているなど爪に異常が現れている人も少なくないと思います。

この爪の状態の原因をまとめました。

「二枚爪」

二枚爪になっている人は多いですよね。(私も二枚爪で悩んでいます)

私も二枚爪に悩んでいる1人です。

冬場は特にひどく、指より少しでも爪が伸びているとすぐに二枚爪になるので、毎回爪が切れるギリギリまで切って対処しています。

でもこれにもキチンとした原因があるようです。

爪が二枚爪になるのには2つ原因があります。

1つ目は外部からの衝撃で爪の間に空気が入り、二枚になってしまいます。

2つ目は乾燥です。

水仕事をいつもしている主婦の人やマニキュアの除光液を頻繁に使う人が二枚爪になっている場合は、乾燥が原因だと考えられます。

乾燥しないように、保湿を行うことで改善できます。

私のおすすめは、爪専用のトリートメントオイルです。

化粧品会社などから発売されているのでチェックしてみてくださいね。

「縦すじ」

爪に縦すじがでる多くの原因は加齢からくるものです。

加齢でない場合は、ストレスや睡眠不足なども考えられます。

「デコボコ」

デコボコしている爪や割れやすい爪は乾燥が原因のようなので、二枚爪と同じように潤いを与えてください。

爪が白くなる病気とは?

爪の色もじっくり見ることも少ないですが、桜色をしていない人も多いと思います。

特に多いのが白い色の爪です。

私も二枚爪もですが、爪の色は白いです。

私の場合は貧血のようです。

爪の色が白くなる病気の1つが貧血で、ヘモグロビンという物質が少なくなることで白くなります。

他にも爪が白くなる病気はいくつかあります。

「水虫」

水虫の原因の白癬菌(はくせんきん)で起こります。

1~2本の爪の先端が白く濁っていて、白い線が先端から根元に向かって進行していきます。

※知恵ばぁ愛用の爪水虫薬はコレ
>>クリアネイルショット

「ネフローゼ症候群」

爪に横の線が現れるとこの病気の疑いがあります。

腎臓に疾患をもっている人に見られます。

上記の症状がでた場合は早めに病院を受診するようにしましょう。

爪の状態を良くしようと思う人は、良質なタンパク質やビタミンA・B・Dなどを積極的に食事で摂り入れるようにすると、健康的な爪に近づけるようになります。