毎日手間をかけた料理なんて作ってられない!

でも、健康には気を遣いたい。

簡単だけど栄養満点、さらに日持ちする保存食ならなお嬉しい!

そんなお悩みを解決します。

低カロリーなのに栄養豊富なキノコのマリネはいかがでしょう?

ここでは、保存食であるキノコのマリネがどのくらい日持ちするのか、アレンジレシピとともに述べていきます。

スポンサーリンク

キノコのマリネが人気♪どんなもの?

一年中、スーパーで購入できる安価なキノコたち。

その種類も豊富で、低カロリーなのに栄養満点、健康に気を遣う人にとっては最高の食材です。

しかし、生のキノコは長期間の保存は難しく、日が経つにつれて劣化していってしまいます。

できれば、買って2,3日中には食べて欲しいのですが、安くてつい多めに買ってしまったり、一週間分まとめ買いする家庭なら、キノコだけ2,3日おきにスーパーに買いに行くなんて大変ですよね。

毎日の食卓に常備できて食べたい時にさっと使え、さらに保存もできる料理法はないのでしょうか。

そこでご紹介、キノコのマリネです!

基本的な作り方はこちらです。

1、ゴマ油やオリーブオイルなどで好きなキノコを炒めます。

2、塩コショウ・酒などで味付けをします。

3、レモンやお酢、ワインビネガーなどを入れて煮ます。

4、冷めたら容器に入れて冷蔵庫で保存します。

これだけの工程なので、週末やちょっと時間のあるときにまとめて作っておけば、献立に一品足したい時などにすぐに使えます。

食物繊維を効率良く摂取することもできますし、キノコも1種類でなく、いろいろな種類を入れると食感が違って楽しめます。

サラダのドレッシングの代わりにしたり、パスタやお味噌汁の具にしたり、何にでも使えて便利ですよ。

スポンサーリンク

キノコのマリネ、保存食の日持ちは?

fungi-2044114_640

キノコのマリネは、冷蔵庫で保存します。

保存期間は、長くて5日までです。

しっかりと熱湯・煮沸消毒をした保存容器に入れてくださいね。

スポンサーリンク

マリネのアレンジレシピをご紹介

主菜の付け合せやおつまみに、そのまま食べても美味しいキノコのマリネ。

作り方も簡単ですが、クセのない味わいはアレンジもしやすく、和洋折衷どんなジャンルの献立にも合います。

ここでは、キノコのマリネを使ったアレンジレシピをご紹介します。

まずは、キノコのイタリアンマリネです。

材料は、エリンギ・ぶなしめじ・ひらたけ・酢・白ワインです。

バケットを添えれば、おしゃれな一品となります。

にんにくやローリエ、鷹の爪などを加えると、さらに風味よく、保存性も高まります。

パセリや黒こしょうもおすすめですよ。

次は、キノコの和風マリネです。

材料は、ズッキーニ・パプリカ・椎茸・しめじ・オリーブオイルです。

ズッキーニは1~2cmの輪切りに、パプリカは一口サイズにします。

椎茸は石突きをとってスライスし、しめじは石突きをとってほぐしておきます。

醤油とかつお節を加えれば、一気に和風マリネになります。

ズッキーニやパプリカの他にも、なすやピーマンなどの彩り野菜で作るのもおすすめです。

ポイントは、キノコと野菜がアツアツのうちに、素早くマリネ液と混ぜることです。

最後に、キノコのマリネを使ったリメイク料理を一品ご紹介します!

材料は、じゃがいも・マヨネーズ・塩コショウ・キノコのマリネです。

湯がいたじゃがいもを潰し、キノコのマリネを合わせます。

味が足りなければ、お好みでマヨネーズや塩コショウで味を加えてください。

これで、ポテトサラダのリメイクが完成です!