爪白癬 マニキュア塗っても大丈夫?白い爪にご用心

健康の知恵

スポンサードリンク

こちらの記事では、爪白癬 マニキュア塗っても大丈夫か?ご紹介していきます。
女性でも、白い爪にはご用心です!

水虫=中年の男性というイメージが世間では長く浸透してきましたが、現在では、若い女性でも水虫にかかっている人も多くいます。

そして、その水虫から新たに感染するのが爪白癬です。爪白癬とは、爪に水虫の原因菌である白癬菌が感染してなる病気です。元々足水虫を発症している人がなるケースが多いです。

※知恵ばぁ愛用の爪水虫薬はコレ
>>クリアネイルショット

爪白癬とはどんな病気?

爪白癬とは、わかりやすくいうと「爪水虫」です。

爪にカビの一種である白癬菌が寄生して繁殖すると、爪水虫になります。

爪水虫
出典:spotlight-media.jp

爪白癬になる原因の多くが、自分の水虫を放置した結果、足の皮膚から爪の中に白癬菌が侵入して感染する場合です。

痒みで気づく水虫と違い、爪白癬の場合は症状が殆どなく、痒みも痛みもないのが一般的です。

そのため自分が感染していたとしても自覚症状がないので、そのまま放置してしまう場合が多いのです。

爪白癬だと気づくのは足の爪を見た時です。

「あれ?爪が濁ってる」と自分で不思議に思うのが第一段階です。

こんな場合は、爪白癬に感染していると疑ってください。

・他の指の爪に比べると白く濁っている、
・変形している
・茶褐色の色をしている
・分厚くなっている
・ボロボロと崩れている

爪白癬は放置していても、悪くなるばかりです。
完治させるためにも、早めの治療が大切です。

白い爪は必ず水虫か?

爪を見るとその人の健康状態がわかると言われています。

健康な爪の色は綺麗なピンク色をしています。

自分の爪の色が「白い?」と感じた時は、いくつかの病気が考えられます。

「貧血」
知恵ばあも貧血持ちです。
他の人に比べると爪の色は全体的に爪が白くなっています。
部分的でなく、すべての爪がまんべんなく白っぽい場合は、貧血の症状かもしれません。

これは血液中の赤い色素のヘモグロビンの割合が少なくなったり、小さくなったりすることで爪が白くなってしまうのです。

「爪白癬」
上記で説明した爪水虫です。
初期段階では、爪が白く濁った状態になります。

それと並行して爪の厚みが分厚くなってくるのでこの段階で受診すれば早めに完治できる可能性も高くなります。

全体的に爪が白いと感じた時は、この2つの可能性が高く爪に白い斑点や筋などが現れた場合は、違う病気が疑われるので病院の受診をおすすめします。

爪白癬はマニキュアで悪化する?

爪水虫 マニュキア
爪水虫は若い女性にも多くなってきていると説明しましたが、その理由の1つにマニキュアが関係しています。

足のマニキュアのお洒落は、昔だとサンダルやミュールを履く夏場が多かったのですが、最近では一年中爪のお洒落を楽しむ若い女性が増えています。

ずっとマニキュアをしている爪は呼吸をできない状態なので衛生的ではありませんし、冬場のブーツなどで蒸れている足や爪は白癬菌にとっては、とても良い環境なので増殖していきます。

さらに、マニキュアを落す除光液は、爪にかなりの負担を与えてしまします。
そのため、爪は弱くなってしまい、余計に爪水虫が悪化してしまうのです。

早めに受診し、足のお洒落を楽しめるようにしましょう。

爪白癬 対処方法

爪白癬に感染しまうと、市販薬での対処は難しいのが現状です。
そのため専門の病院を受診するのがオススメ。

爪白癬をその状態で放置しておくと、徐々に他の爪にも感染してしまいます。

そして、家族や恋人にも感染させてしまうので早めの受診が好ましいです。

自分でできる対処法としては、自分が使ったバスマットはすぐに交換し、スリッパは家族や恋人とは兼用にしないように心がけるだけでも感染を防ぐことができます。

そして、早めの受診が一番の対処法です。

ちなみに、我が家では新発売になった爪水虫専用ジェルを使っていますが、画期的な商品というだけあって、市販品の中では一押しです。ご参考にどうぞ。

>>81%が効果を実感!爪水虫の根本対策には『クリアネイルショット』

スポンサードリンク