頭が痛い!偏頭痛の原因と対策

生活の知恵

スポンサードリンク

いきなりやってくる、偏頭痛。

動くと余計に痛み、仕事や日常生活に支障が出ます。

そもそも、痛みの原因は何なの?対策はあるの?

その疑問についてご紹介します!

偏頭痛について知ろう!

およそ、10人に1人が偏頭痛持ちといわれ、特に20~40代の女性に多くみられています。

その痛みは、生活に支障がでたり、寝込んでしまうほどの痛みを持つ方も・・・。

偏頭痛とは?

偏頭痛とは、頭の血管が急激に膨張することで起こります。

頭の片方または両方のこめかみが、波打つ様にズキンズキンと痛むのが特徴です。

痛みは4時間から長い時で27時間ほど続き、光や音に敏感になったり、嘔吐や吐き気がする方もいます。

原因ははっきりと判明していないのですが、

  • 体質
  • 月経
  • 気圧の低下や環境の温度変化
  • 食べ物やアルコール

等が原因ではないかと言われています。

緊張型痛との違い

頭痛の痛みは、偏頭痛の他にも緊張からくる頭痛もあります。

緊張型痛は、日常生活から来る精神的ストレスや筋肉の張りや痛みが、神経に負担がかり痛みが起こります。

偏頭痛と違って、緊張型頭痛は持続性があり、生活習慣が原因となっています。

頭痛の大半が緊張型痛と言われていて、誰にでも起こりうるものなのです。

予兆、前兆はあるの?

痛みを感じる前に、予兆や前兆がある方とない方の2種類に分かれます。

予兆は数日前に発症し、主に

  • 肩こり
  • 眠気
  • イライラ、情緒不安になる
  • 集中が途切れる
  • 疲労感
  • 光や音に敏感になる

などの症状が現れます。

また前兆がある方は、チカチカ光が点灯したり、ギザギザになる光が見えるなどの症状が、偏頭痛が起こる1時間ほど前に現れます。

予兆が偏頭痛持ちの50%に見られるのに対し、前兆は20%ほどです。

スポンサードリンク

いきなりやって来る痛み対策・予防

工夫で乗り切る!

出来ればすぐにでも、痛みを抑えたいですよね。

痛みに役立つ、対策と予防方法をいくつか紹介します!

鎮痛剤を服用

仕事中や今すぐに痛みを抑えたい!

そんな方は、ロキソニンなどの鎮痛剤で対処してあげましょう。

早く痛みに効いてくれて持続性がある、ロキソプロフェンナトリウム水和が配合してます。

胃に優しく眠くならない成分で作られているので、仕事中の方に特にオススメです。

生理痛や、歯の痛みなどにも効果はありますので、カバンに入れておけば、お守り代わりにと安心ですね。

ただし薬は説明書をよく読み、服用して下さいね。

また、症状が治まらない場合は、病院に行きお医者さんの診断を受けましょう。

食べ物から痛み予防

食べ物が痛みのもとを作ってしまうこともあります。

偏頭痛は、血管が急激に膨張し、神経が刺激され起こります。

ポリフェノールやチラミンとった、物質は食べ過ぎると、血管を膨張してしまいます。

  • 赤ワイン
  • ココア
  • チーズ
  • レバー
  • 柑橘類

等に多く含まれるので、要注意です。

生活習慣を正そう

生活習慣が乱れて、起こる場合もあります。

  • 睡眠時間が不規則
  • 過度なストレスや疲労
  • 空腹の時間が長い
  • ポリフェノールやチラミンを多く摂取している
  • 環境(空気が悪い、テレビやスマホを長時間見ている)

など、思い当たることはありませんか?

まずは生活習慣を見直して、予防していきましょう!

まとめ

チエばあちゃんも偏頭痛持ちなので、辛さがよくわかります・・・。

ご紹介したことを参考にして、偏頭痛の痛みと向き合っていきたいと思います!

スポンサードリンク