冬の乾燥で【フケ・かゆみ】がでる・・・。改善はどうしたらいいの?

冬の知恵

スポンサードリンク

冬など空気が乾燥する時期になると、頭皮がかゆくなったり、大量のフケが出てくることがありますよね。

「頭を清潔に保っているし、ヘアケアも怠っていないのに何故!?」
とキーッ!となりますよね・・・。

そんな人は、ヘアケアのし過ぎで、頭のかゆみやフケの発生を招いているのかもしれません。

ヘアケアのし過ぎでどうして、逆効果になるのか?

頭のかゆみやフケが発生する原因を知ってもらえれば、冬など空気が乾燥する時期に、余計に逆効果になることが分かっていただけると思います。

頭のかゆみやフケが発生する原因をきちんと知り、これまでのヘアケアを改善して、冬の乾燥対策をしっかりとしましょう!

頭のかゆみやフケが発生する原因は?

頭皮のトラブル

頭がかゆくなる原因と、それで発生するフケには2種類あります。

①乾燥フケ
1つは「乾燥フケ」といって、さらさらとしたフケです。

頭皮が乾燥したり、擦れたり傷ついたり、アレルギーで炎症したりすることで発生します。

②脂性フケ
2つ目は「脂性フケ」といって、湿って固まったフケです。

こちらは、皮脂の分泌やマラセチア菌が増えたり、免疫力低下で発生します。

このうち、冬に発生しやしいのは「乾燥フケ」です!

冬の乾燥した空気のせいで、頭皮が乾燥しやすくなるんですね。

他にも、冬ならではの乾燥フケが出やすい原因があるので、それを1つずつ見ていくと共に、改善法も紹介していきましょう!

スポンサードリンク

暖房器具が頭のかゆみやフケの原因?

ただでさえ冬は空気が乾燥するのに、暖房器具を使うと、さらに室内の空気が乾燥してしまいます。

温風に当たると余計ですね!

とくに頭には温風が当たりやすいですから・・・。

肌全体が乾燥する中でも、頭皮が一番影響が出やすいのだそうです。

だとしたら、当たりやすい温風を、なるべく避けなければないませんね。

そして、暖房器具によって乾燥する室内の空気を、頭皮に優しいとされる湿度、50%から60%を保つことが必要です。

そこで湿度を保つために使いたいのが加湿器です。

オススメは、パソナニックの加湿器「KXR07/KXR05」です。
https://panasonic.jp/kashitsu/products/kxr07_05.html

加湿してくれるだけでなく、パナソニック独自の「ナノイー」の技術で、肌の水分量が約2倍になり、潤うスピードも3倍にアップしたそうです。

日中もそうですが、寝ているときにも、頭皮は乾燥しやすいと言います。

だったら寝ているときも使いたいところ、パナソニックのこの加湿器は「静かモード」で木の葉が触れあうより静かな音で運転してくれるというので、うってうつけですね。

値段は、Amazonですと14畳のモデルで、20,000円程。19畳のモデルで、24,000円程になります。

スポンサードリンク

熱いお風呂が頭のかゆみやフケの原因?

冬だとついお風呂で、熱いお湯を浴びたくなりますよね。

ただ、40度以上のお湯は、頭皮の皮脂を洗い流してしまいます。

皮脂は頭皮の水分が蒸発しないよう、そして外部の刺激から頭皮を守るバリアの役目をしているんですね!

冬には熱めのお湯を長く浴びてしまいがちです。

そのせいで、バリアの役割をする皮脂が落ちてしまい、無防備になった頭皮をシャンプーで洗うことで、頭皮を傷めることになるのです!

頭のかゆみやフケが発生して、「もっときれいに洗わなければ!」と念入りに洗うことが、冬の場合はとくに、そうやって逆効果になってしまうというわけですね。

なのでお風呂に入る場合は、風邪をひかない程度で、湯船やシャワーのお湯をあまり熱くしすぎないようにしましょう。

それと、頭のかゆみやフケが発生すると、力を込めて髪を洗いたくなるところですが、逆に頭皮を傷つけないように、丁寧で慎重になったほうがいいです。

後は、冬の空気のせいで乾燥している頭皮のケアも必要不可欠です!

オススメはキュレルのシャンプー、コンディショナーと、頭皮保湿ローション。

キュレルは敏感乾燥肌用の商品を出しているので、シャンプー、コンディショナーにも頭皮のトラブルを防ぐ効果が期待できます。

顔に化粧水を塗るように、頭皮を保湿する専用の「頭皮保湿ローション」と合わせて使えば、冬の乾燥対策はばっちりでしょう!

キュレルのシャンプー、コンディショナーは1,000円程、頭皮保湿ローションは1,000円~1,500円程で買うことができます。

スポンサードリンク

冬の紫外線や風が頭のかゆみやフケの原因?

冬の紫外線

頭のかゆみやフケの原因として、冬に見落としがちなのが紫外線!

紫外線を浴びることでも頭皮が乾燥するのですが、冬だと天気の悪い日が多かったり、日照時間が短かったりするので、夏ほど人は紫外線対策をしません。

帽子を被ったり、日傘を差さないおかげで、思いのほか強い冬の紫外線にやられてしまうのです!

冬の乾燥した風を受けることでも、頭皮の乾燥が進んでしまうのです。

なので、冬の日差しの弱い日でも、日光に当たらないようにして、風よけのためにも、帽子を被るようにしましょう!

帽子を被ると、頭皮に良くないとも言われますが、それは夏などの熱く湿度が高い場合です。

蒸れたり汗をかくことで、帽子の中の湿度がさらに高くなり雑菌が繁殖し、
その結果、頭皮が炎症して、かゆみやフケの発生・抜け毛を招いたりします。

ですが、冬の場合は頭皮から水分が蒸発するのを防ぎ、温めてもくれるので、帽子の使い方はケースバイケースです。

もちろん冬でも、蒸れたり汗をかいたら、すぐに脱ぎましょう!

それに、サイズがきつかったり、ゴムなどの締め付けが強いものは頭の血行を悪くして、髪や頭皮にダメージを与えるので、自分のサイズの合った帽子を選びましょうね♪

スポンサードリンク