Ready to use【液体ミルク】の口コミや評判は?

赤ちゃん ミルク いつまで 妊娠・出産の知恵

スポンサードリンク

ready to useとは「液体ミルク」のことで、海外では赤ちゃんに与えるミルクとしては一般的です。でも、日本ではあまり馴染みがありませんよね。しかし、利便性があると口コミでも評判が良く、海外輸入して使っている人もいます。

日本であまり知られていないready to use液体ミルクについての口コミや評判を紹介します!

スポンサードリンク

ready to use【液体ミルク】はなぜ日本で知られていないの?

液体ミルクとは、乳児用の液体ミルクで既に液体になっているためお湯などを使うことなく、そのまま飲めるミルクのことを言います。

日本では母乳の代わりとして粉ミルクがありますが、海外では粉ミルク以外に「ready to use」液体ミルクがあり、粉ミルクよりも人気があります。

日本では液体ミルクはあまり知られていません。

日本のスーパーやドラッグストアーでは粉ミルクは販売しし、テレビCMでも宣伝していますが、液体ミルクはドラッグストアーでも販売されていませんし、宣伝も見たことがないので認知度が低いです。

現在、妊婦さんや授乳しているママなら知っている可能性はありますが、一般の人は知らないと思います。

では、なぜ海外で一般的に使われている液体ミルクが日本では販売されていないのでしょうか?

理由は、厚生労働省の省令で乳幼児に与えられる食品は「粉乳」と決められているからです。

そのため、日本では液体ミルクの製造と販売もすることができないのです。

日本で製造・販売していないので店頭に並ぶことも宣伝されることもないので、日本では認知度が低くなってしまっているのです。

そして、販売する業者側も粉ミルクに比べると液体ミルクを生産・流通するとなると、3倍近く高くなりメリットがでないため消極的になっているのも原因の1つといえるようです。

スポンサードリンク

ready to use【液体ミルク】が人気の理由

チャタテムシ駆除赤ちゃんアルコール殺虫剤

日本ではあまり知られていない液体ミルクが世間で知られるようになったのが、震災時の支援として海外から運ばれてきた時です。

震災時には、清潔な水やお湯を沸かすことができないため、粉ミルクを飲ましているママ達はとても悩んでいました。

しかし、液体ミルクが支援物資で届いてからは、清潔な水や温める道具がなくてもミルクが飲ませられるとして、とても重宝したそうです。

その現場からの声が大きく世間に伝えられるようになりました。

どれだけ液体ミルクが良いのか紹介しますね。

まずは、上記でも説明しましたが、水がなくてもすぐに飲ませられるので、粉ミルクを赤ちゃんに飲ますまでの工程もしなくてもすみますよね。

外出時などにも手軽ですみますし、お父さんも授乳できるようになるので、お母さんにとっては助かります。

他にも海外製なので安全性なども気になりますが、衛生面では粉ミルクよりも安心できるようです。

無菌状態で製造され、使われている水も腐敗防止のために滅菌水を使い密封されているので衛生面では粉ミルクより優れているといわれています。

さらに液体ミルクは、常温保存でき半年~長いものなら1年くらい保存できるので、災害時の備蓄としては最適なのです。

このような理由で人気がでた液体ミルクですが、日本では販売していないので通販などを利用して購入してみてくださいね。

ready to use【液体ミルク】の口コミや評判を紹介

二人育児 子ども 赤ちゃん

海外から輸入できる液体ミルクの口コミを紹介しますね。

「Aptamil(アプタミル)」

アプタミルはスイスのメーカーで、50年以上続くベビーミルクメーカーなので安心があります。

本数や種類の違いはありますが、1本200mlで700円~800円しています。

かなり高額になっていますが、購入している人の口コミでは「高いですが、災害用に購入したので安心しました」「お出掛け時に使っています。とても便利です」という意見が多かったです。

確かに金額は高いですが、災害時に備蓄しておくと安心感はありますよね。

赤ちゃんがいる家庭では液体ミルクはおすすめですね!

スポンサードリンク