【将棋】藤井聡太はアスペルガー?おもちゃや迷路から見る子育て方法

スポンサードリンク

わずか14歳、プロ公式戦初対局初勝利から止まらない無敗連勝記録で話題の藤井聡太さん

彼が注目されるのは記録だけではありません。

幼少期に遊んでいたおもちゃや迷路も話題となり、対戦中に見せる姿勢などから、アスペルガーなのでは?という声も。

藤井聡太さんはアスペルガーなのか?おもちゃや迷路から見る子育て方法をまとめました。

アスペルガー症候群とは?

hujiiyodan
出典:https://www.sankei.com/

アスペルガー症候群は、発達障害の一つです。

「コミュニケーション」・「対人関係」・「限定された物事へのこだわり・興味」と、大きく分けて3つのことに症状があります。

会話能力においては表面上問題なく行えます。

しかし、曖昧なコミュニケーションが苦手なので、その会話の裏側を読み取れず、言われたことをそのままの意味で受け取ってしまいます。

また、遠回しな表現が困難なので、不適切な言い方や発言をしてしまうことがあります。

1対1の会話であっても、自分の名前を呼ばれないと相手が誰に言っているのか分からなかったり、想像して動くことが苦手だったりします。

場の空気を読むことが苦手なため、相手の気持ちを理解したり、相手に寄り添った言動をとったりすることが困難です。

そのため、社会的なルールやその場の雰囲気を壊すような言動を起こすことがあるため、相手に理解されず、対人関係を上手く築くことが苦手です。

法則性・規則性のあるものが好きで、異常なほどのこだわりを持ちます。

その法則や規則が崩れることを極端に嫌うため、自分の決めた予定や手順などが変わってしまうと、混乱してしまうこともあります。

興味のあることに関しては、大量の情報を記憶することができます。

しかし、一度やりだすと熱中しすぎて周りが見えなくなったり、話し出すと止まらなくなったりします。

以上のように、アスペルガー症候群は、自分以外の人や物事にうまく共感できなかったり、言動が不適切といったコミュニケーションにおいて困難を持つといったことが主な症状です。

しかし、一度興味を持った物事に対しては、異常なほどのこだわりや集中力、記憶力を発揮することもあります。

アスペルガー症候群は決して珍しいものではなく、約4000人に1人の割合で発症するものです。

知的な遅れがないことから障害と認知されづらいため、周りの理解が得られづらいところがあります。

しかし、症状や対処方法を知っていれば、本人も周りももっと楽になる生き方ができます。

そのためにも、周囲の人々がアスペルガー症候群についての適切な知識を持ち、障害を理解することが大切です。

スポンサードリンク

藤井聡太がなぜアスペルガーと言われるのか?

314770458f17327e2724f90d36ebe849_s

最年少棋士として、また、デビューから公式戦負けなしとあって注目を浴びている藤井聡太四段。

その素晴らしい実績とは裏腹に、実はアスペルガー症候群なのでは?との声が囁かれています。

その理由として、対戦中に集中すると前傾姿勢になったり、耳たぶを触ったりといった癖が注目されるようになったためです。

将棋には集中力がとても重要です。

藤井聡太四段の場合、将棋に集中するあまり、無意識のうちに前傾姿勢になっていると思われます。

実際、前傾姿勢を取るメリットとして、背筋を使って見た目背骨を真っすぐにとどめることができるということが挙げられます。

背筋が伸びれば頭部も自然と安定し、集中力も自然と向上できます。

マラソンでは、骨盤を前傾させて走ることが良しとされ、ゴルフでも骨盤を前傾させてスイング動作をするよう指導されています。

また、弓道では歩く際や弓を引く際、母指球に重心をかけ、少し体を前に倒すように指導されているなど、スポーツの世界においても、前傾姿勢を取ることが良いとされているのです。

アスペルガー症候群の方は、ある物事へのこだわりが強く、興味を一旦持つと過剰なほど集中し、周りが見えなくなると言われています。

また、相手の気持ちが掴めなかったり、場に合わせた行動が取れなかったりすることも特徴です。

しかし、藤井聡太四段はインタビューの受け答えなど14歳とは思えないほどしっかりとしていますし、対人関係が特段苦手というようには見えません。

藤井聡太四段がアスペルガー症候群なのでは?と言われる理由は、その抜きんでた集中力の高さが要因なのかもしれません。

スポンサードリンク

おもちゃや迷路から学ぶ子育て法

藤井聡太四段が将棋を始めたきっかけは、5歳の頃、おばあちゃんからKUMON TOYの「スタディ将棋」をもらったことがきっかけです。

これは将棋が学べる知育玩具です。

その他、幼少期によく遊んでいたおもちゃが、スイス製の木製玩具「キュボロ」。

これは、溝や穴がある積み木を積み上げて立体迷路を作り、上からビー玉を走らせる知育玩具です。

藤井聡太四段は、このおもちゃを3歳の頃から使っていて、何度も何度も立体迷路を作り、たくさんのパターンを試していたそうです。

このおもちゃで、考える力や集中力が養われたのですね。

スポンサードリンク