加湿器の置き場所!効果的に使うためのポイントをアドバイス

生活の知恵

スポンサードリンク

これからますます寒くなる時期になりますね。
カサカサ乾燥や静電気、インフルエンザや感染症など、私たちにとって心配事が増える季節です。

そんな現代人の生活をサポートしてくれる強い味方が加湿器
でも置き場所によっては、その能力が効果的に発揮されないことも!?

効率的に加湿器を使うポイントを知っておくと便利ですよ!

加湿器は部屋のどこに置くのが効果的?

インフルエンザウィルス対策や美肌効果など、何かと頼もしい加湿器ですが、実は置き場所を間違えると、その能力が効果的に発揮することができません。

加湿器を効果的に使うためには、置き場所に注意しましょう。

まず、加湿器は部屋の真ん中に置きましょう。

これで、部屋全体を均等に加湿することができます。

とはいえ、部屋の真ん中に加湿器を置くなんてむずかしいですよね。

その場合は、部屋の中で空気の流れがある場所に置きましょう。

湿気が空気の流れに乗り、部屋全体が加湿されるようになります。

加湿器を置いた時、壁や家具、カーテンに加湿器から出る水分が当たっていませんか?

加湿器からの水分が当たって湿ることで、カビや結露の原因となり、壁紙や家具などが傷んでしまいます。

また、換気扇の近くで加湿器を使用するのも避けましょう。

湿気が部屋中にいき渡る前に、室外へ排出されてしまうからです。

加湿器は、床には置かず、ある程度高さがある場所に置きましょう。

冷気は重く、床付近に溜ります。

床周辺の温度が低くなるため、加湿器を床に置いていると、湿度が高いと認識し、加湿量をおさえてしまいます。

加湿器を高さのある場所に置くことで、上方向に加湿を行き渡らせたり、加湿器の温度センサーが有効に働き、十分な加湿ができるのです。

70~100㎝ほどの高さ、腰の位置より上に置くといいですよ。

また、エアコンの風が当たらない場所を選ぶことも大切です。

エアコンの風が直接加湿器に当たることで、加湿器の温度センサーが狂い、加湿能力に悪影響をきたします。

直射日光の当たる場所や、テレビなどの電化製品からも、できれば離して置きましょう。

スポンサードリンク

加湿器にはこんなにいいことが!

フローリング 布団 カビ対策 畳

少し前の加湿器は、水を入れたタンクが重く、持ち運びが不便なものばかりでした。

最近のものは、持ち運びが簡単なコンパクトなものや、ペットボトルを利用した卓上型のものなど、気軽に使えるものが増えてきています。

ところで、部屋を加湿することで一体どんな効果があるのかご存知ですか?

ウィルス対策美肌のためとよくいわれていますが、加湿器の実際の効果を知る人は少ないのかもしれません。

寒くなると脅威となるのがインフルエンザです。

インフルエンザウィルスの生存率は、乾燥していると高くなり、高温多湿な環境では低下すると言われています。

乾燥していると喉を痛めてしまい、さらにウィルスに感染しやすくなります。

加湿器で部屋を潤すことで、私たちを乾燥から守り、ウィルスの生存率も下げることができるのです。

また、美肌効果は暖房と深い関わりがあります。

エアコンを暖房として使用する場合、室温を10℃から20℃に設定すると、湿度は50%から25%にまで低下します。

これほどまでに湿度が低下した環境下では、知らないうちにお肌や唇、髪まで乾燥し、乾燥による小じわや肌荒れの原因となります。

暖房と加湿器を併用することで、健康にも美容にも快適な湿度を保つことができるのです。

さらに、省エネ効果も!

同じ温度であっても、湿度が上げると体感温度も上がります

暖房の設定温度を下げても、体感温度は下がらないため省エネにつながるのです。

節電や省エネ対策で設定温度に我慢しなくても、加湿器を使えば無理なく快適に冬を過ごすことができますよ!

スポンサードリンク

加湿器を使うときの注意点とは?

19e3b45fdd5efd3bdadc5760ef45f10a_s

私たちに快適な潤いを与えてくれる加湿器ですが、加湿をし過ぎると、カビやダニの発生原因となってしまいます。

室内の最適な湿度の目安は、40~60%です。

加湿器を使用する際は、温湿度計を使って室内の湿度をコントロールしましょう。

加湿器をより効果的に使うためには、暖房との併用がポイントになります。

石油ストーブやガスファンヒーターは、室内の空気が乾燥することはありません。

なので、加湿器は必要ありません。

加湿器とベストな組み合わせはエアコンです。

暖房にエアコンを使用するなら、加湿器も一緒に付けましょう。

スポンサードリンク