人間のマダニ予防、虫よけやハーブスプレーは効果アリ?

生活の知恵

スポンサードリンク

最近、よく聞くようになったマダニ
みなさんご存じですか?
人でも被害が出ているとニュースになり、戦々恐々の知恵ばあです。

家にいる目に見えない”ダニ”と同じ仲間ですが、見た目や生態は全然違います。
今回は、人間のマダニ予防虫よけやハーブスプレーは効果アリ?について調べてみました。

スポンサードリンク

マダニの特徴や生態は?

マダニは、家にいるダニとは大きさが全然違います。
家にいるダニは目に見えないほど小さいですが、マダニは2~4ミリになる大きなものもいます。
目視で確認できる大きさです。

しかも、これは血を吸う前の大きさであって、血を吸うと1センチにもなるマダニもいます。

マダニ 画像
出典:https://www.bayer-pet.jp/

生息地ですが、家にいるダニは布団や押し入れに生息していますが、マダニは外の草や野山に生息しています。
野山などへ行くと、葉の裏側などにくっついているマダニを発見できる場合があります。

マダニは、動物の血を吸って生きています
犬の散歩へ行くと、犬の体に黒い丸いものがくっついている場合があります。
犬の耳や目の周りの、毛がない部分にマダニはかみつきます。
「なんだこれ?」と無理に引きはなそうとするのはやめてください。

マダニを無理に引き離すと、傷口からウイルスが入り、感染症にかかる可能性があります。
マダニは、「重症熱性血小板減少症候群」という感染症になるウイルスを持っていますので、無理に引きはがすのはキケンです。
感染症は薬がなく、命に関わることになります。

マダニの厄介なところは、動物全般に噛みつくので人間にも噛みつくということ。
噛まれると、気づかない場合は1週間ほど血を吸われ続けます。

マダニに噛まれたと気づいたら、すぐに病院へ行って診てもらいましょう。
病院は皮膚科へ行くといいでしょう。

さて、ではマダニに噛まれないようにするためにはどうしたらいいのか。
予防策を書いていきます。

スポンサードリンク

人間のマダニ予防策

森や山へは行かない

特に行く必要がなければ、森や山へは行かないようにしましょう。
草が多いところや木があるところに生息していますので、草むらに行かないのが一番の予防策です。

長袖、長ズボンを着用

登山やハイキングが好きな方は、山や森へ入ることもあるかと思います。
そういう場合は必ず長袖、長ズボンを着用しましょう。
肌を見せないことがいいので、靴もスニーカーに靴下を着用し、首にはタオルを巻くなどすると尚よいです。

ハーブの匂いが効果的

マダニはハーブの匂いが苦手です。
効果がないハーブもあるので注意が必要です。
効果があるのは、ラベンダー、ユーカリ、タイム、ティーツリー、ゼラニウムなどです。
ハーブの精油を使うことで予防できます。

しかし、精油を肌に直接塗るとかぶれるので避けましょう。
タオルにしみこませるなど、匂いをまとってマダニを寄せ付けないようにすると良いですね。

虫除けスプレーも効果アリ

蚊などを寄せ付けないようにする虫除けスプレーは、マダニにも効果があります。
また殺虫効果もあるので、マダニにとっていやな環境が作れます。
ただし、効果は長く続かないので、こまめにスプレーをするようにしましょう。

マダニ対策のまとめ

マダニは”ダニ”の仲間だからといって、甘く見てはいけません。
噛まれると命を脅かす感染症になるかもしれないので、しっかり予防をするようにしましょう。
そしてもし噛まれたら、早急に皮膚科を受診しましょう。

自己判断で無理やり引きはがすと、口の部分が皮膚に残ったり、
感染症になることもあります。

虫だからと侮らず、あせらずに病院に行ってくださいね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク