爪にできる水虫のことを爪水虫といいます。

爪水虫はあまり聞きなれないですが、なんと!日本では1200万人もの人が感染しています。

なかには、病院に行けずに市販薬の塗り薬だけで処置している人もいるようです。

市販薬の塗り薬だけで大丈夫なのでしょうか?

爪水虫とはどんな病気なのか?調べてみますね。

※知恵ばぁ愛用の爪水虫薬はコレ
>>クリアネイルショット

爪水虫とは?水虫とどこが違うの?

爪水虫も「水虫」と名前がついているのですから、水虫なのでしょうか?

そのとおりです!

爪水虫も水虫も「白癬菌(はくせんきん)」というカビの一種が原因で起こります。

原因は同じなのですが、その白癬菌の寄生する場所が異なると呼び名が変わっていきます。

例えば、足に寄生すると足水虫、爪だと爪水虫、体だとたむし、股にできるといんきんたむしと病名が変わります。

白癬菌は、私達の体のどこにでも侵入してしまうということになります。

そう考えると怖いですよね。

特に爪に白癬菌が寄生してしまうと、直接薬を塗ることが困難になってくるので、他の部位よりも治療は困難になるようです。

爪水虫は通常の水虫のように痒みや痛みといった症状は、爪水虫が悪化する段階までわからないのですが、見た目で判断することができます。

爪水虫の症状は、爪が白や茶色っぽくなり全体的に濁っています。

他にも、爪が厚くなったり変形や爪がボロボロと崩れてしまいます。

初期段階では、色が濁り厚みが増してくるので、自分で確認することができるので、たまに自分の足も見てあげるようにしましょう。

爪水虫は病院に行かなくても大丈夫?

通常の病気と違い水虫となると受診しにくいものですよね。

どうしても、不潔にしているから水虫になると考えてしまい、受診するのが恥ずかしく受診できない人も多いはずです。

それに、爪水虫の場合は見た目は悪いですが、悪化するまで痒みや痛みがないので、放置してしまう場合も多いです。

しかし、そのまま放置していることで、家族をもっている人は家族に感染してしまう恐れがあります。

爪水虫は放置することで、良くなることはなく悪化するばかりです。

靴を履いた時や歩く時に痛みがでたりし、日常生活に支障がでてしまうようになります。

できるなら初期の段階で病院に受診することをおすすめします!

病院に行けない人におすすめなのはコレ!

水虫の場合は、市販薬が沢山販売されていますよね。

病院で処方してもらう薬が1番良いのですが、時間のない人は市販薬に頼るしか方法はありません。

しかし、爪水虫の場合は発売されている市販薬がとにかく少ないです。

そのため放置してしまう人が多くなってしまうのです。

そこで、病院に行くのが困難な人におすすめなのが、通販で爪水虫に効果があると評判のよい「クリアネイルショット」です。

クリアネイルショットは、医学誌にも掲載された爪用のケア商品になります。

病院で処方される水虫の薬は、抗真菌剤で内服薬と外用薬があるのですが、爪水虫の場合はほとんどが内服薬が処方されます。

理由は、部位が爪で外用薬だと直接塗ることができないからです。

外用薬は届かないと意味がありません。

しかし、クリアネイルショットはしっかり爪に浸透させることができる「浸透力特化型」のジェルタイプなので効果が実感しやすいのです。

病院に受診できない人は、あきらめずに一度クリアネイルショットを試してみてくださいね!

公式HPはコチラ
>>81%が効果を実感!爪水虫の根本対策には『クリアネイルショット』