沖縄 ご祝儀 相場

友人、親族の結婚式は、出費はかさみますが喜ばしい行事ですよね。

冠婚葬祭にはマナーが付き物ですが、一般的なマナーのほかに、
地域ならではのローカルルールがある場合も。

今回は、沖縄の結婚式のご祝儀事情についてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

一般的なご祝儀の相場

多くの場合、結婚式のご祝儀の相場は3万円を基本に考える方が多いのではないでしょうか?

全国のご祝儀の平均額は以下の通り。

親族・・・5万8千円
上司・・・4万円
恩師・・・3万7千円
友人・・・3万円
(ゼクシィ調べより引用)

妙齢の方は友人の結婚式が続き、毎回3万円の出費は負担が大きいですよね。
「簡単に別れない」という意味を込めて、ご祝儀は割り切れない枚数のお金を包むのがマナー。

中には、2万円を1万円札と5千円札2枚に分けて包む方もいるようです。
ただ、親族も含めて受け取り方は様々ですから、なるべく相場にあった金額を包むのがよいとチエばあちゃんは考えています。

沖縄の結婚式の相場は、ちょっと特殊!

そんなご祝儀相場の中で、沖縄はちょっと特殊です。

なんと、沖縄ではご祝儀の相場は1万円なのです。

県外から参列する方は戸惑われるかもしれませんが、沖縄ではこれが一般的。
逆に多く包みすぎると困惑されることも。

ですので、沖縄の結婚式に呼ばれた場合は、ご祝儀は1万円を包んでいくのが正解なのです。

ご祝儀1万円では気が引ける…という方へのアドバイス

スポンサーリンク

 

1万円のご祝儀なんて、東京などでは二次会の費用に近い金額ですよね。

ですが、結婚式自体はしっかりしたもので、出席者は200名を超えることも珍しくありません。

料理は大皿を取り分けるスタイルだったり、引き出物は簡素な場合が多いですが、
大きな会場でしっかりとした式が行われます。

場合によっては、片道程度のお車代を用意する主催者もいて、
県外から出席する方は恐縮してしまうことも。

そうならず、1万円のご祝儀でも気持ち良く式に出席できるよう、
プレゼントを用意していくのがおススメです。

たとえば、友人なら1万円程度の商品を、別途用意してみてはいかがでしょうか?
あらかじめ、ほしいものを聞いてしまうのも良いかもしれません。

ご祝儀1万円なら、祝儀袋はどんなのがいい?

ご祝儀の金額が1万円だからと言って、そのまま手渡しするのはもちろんNG!

きちんと、祝儀袋に入れて受付にお渡ししましょう。

もちろん、ふくさも忘れずに!

ご祝儀袋も最近はいろいろなデザインが出ていますが、
実際は外側はすぐに捨てられてしまうもの。

ダイソーなどの100円均一でも十分に綺麗なデザインの祝儀袋が売られていますから、
そういったものを活用するのも良いでしょう。

他の方を差を出したいと思われるなら、お手紙を添えてみるのも良いかもしれませんね。
気持ちのこもったお手紙をもらって、気分を害される人はいませんから。

せっかく沖縄の結婚式にお呼ばれしたのですから、
気持ちよく楽しんできてくださいね!

 

スポンサーリンク