プロの美容師に聞いた!頭皮に良いシャンプーと仕方とは?

美容の知恵

スポンサードリンク

髪の毛の悩みは、人それぞれあると思います。

チエばあの場合は、「白髪」と「薄毛」ですかね~?

皆さんはどんな悩みがありますか?
そして、その悩みに対して何か対策をしていますか?

シャンプーを変えたり、シャンプーの仕方一つでグッと症状が良くなったりすることもあるんです。

詳しく見て行きましょう!

「頭皮に良い」と美容師がおすすめするシャンプーは?

頭皮や髪の毛のお悩みを抱えている皆さんのために!

美容師がオススメするシャンプーを見てみましょう。

コタアイケアシャンプー7

こちらの「コタアイケアシャンプー7」は、様々な悩みを解決してくれるシャンプーです。

美容師の世界では絶大な人気を誇っています。

アミノ酸の一種であるグルタミン酸系を主成分としています。

ノンシリコーンで髪にも頭皮にもやさしいシャンプーです。

髪質ごとに以下の5つに別れているそうです。

1番ラベンダーブーケの香り
絡まりやすい髪の毛をふんわりサラサラに
3番ネロリブーケの香り
乾燥しがちな髪を軽やかで潤いのある髪に
5番ジャスミンブーケの香り
パサついた髪のみずみずしくなめらかに
7番ローズブーケの香り
硬い髪をしっとり柔らかな髪に
9番ダマスカスクローズブーケの香り
広がりやすい髪をしっとりまとめる

自分の髪質や好みに最も合うものを選ぶことができるのも嬉しいですね♪

フィヨーレFプロテクトシャンプーベーシック

フィヨーレFプロテクトシリーズは、コストパフォーマンスにすぐれたシャンプーです。

ダメージ効果が高く、カラーやパーマのフォルムを長時間キープすることができます。

使い続けることで美容院帰りのような美しい髪の毛を保つ事ができます。

髪や頭皮だけでなく、肌にもやさしいスキンケア成分を配合しているために、手肌が荒れません!

Gallica(ガリカ)シャンプーオリジナルシャンプー

Gallica(ガリカ)オリジナルシャンプーは、頭皮を健康に保つ植物成分と高級成分のヘマチンを大量に配合する事で頭皮と髪の毛を健康な状態に導きます。

髪と同じニュースアミノ酸をベースにしているので紫外線の吸収効果があります。

スポンサードリンク

【番外編】レビュー評価の高かった頭皮ケアシャンプー

ここでは、頭皮にやさしいノンシリコーンタイプのシャンプーをランキング形式でご紹介します。

【第1位】デミ ミレニアムヘアケアシャンプー

デミ ミレニアムヘアケアシャンプーは、髪と手肌の荒れに悩む美容師のために作られたシャンプーです。

皮膚にとってのダメージになる成分を使わず、天然ヤシ油由来の低刺激性活性剤を使っています。

低刺激なので、お子様でも安心して使う事が出来ます。

【第2位】サニープレイスナノサプリプレミアムシャンプー(グリーンアップル)

このシャンプーは、「アルカリイオン水で汚れをしっかり落とす」という新発想から生まれたノンシリコーンシャンプーです。

洗浄力に優れているのに、キシキシしたりすることもないそうです。

愛用者の中にはコンディショナー無しでもパサつかないと言われる方がいるほどです。

特にコスパフォーマンスに優れていて、市販のシャンプーと変わらない値段なのも嬉しいですね♪

【第3位】PCカミツヤ(髪ツヤ)シャンプー

この『PCカミツヤシャンプー』は、有機栽培で育てられたカミツレ(カモミール)のみから抽出されたカミツレエキス、カミツレオイルを使って開発されたシャンプーです。

10種類のハーブやホホバオイルをバランスよく配合しています。

地肌にやさしいので、「アトピーの子供なにこのシャンプーを使ったところ、痒くなくなった。」と評判です。

ノンシリコーンでキシキシしない洗い上がりとなるので、赤ちゃんから大人まで使えます。

香りは落ち着きのあるハーブ系です。

スポンサードリンク

美容師がおすすめするシャンプーの仕方は?

次は、髪の毛や頭皮をケアする正しい洗い方をご紹介します!

  1. ブラッシング
  2. 予洗い
  3. ファーストシャンプー
  4. すすぎ
  5. セカンドシャンプー
  6. すすぎ

シャンプー前にその効果を発揮するブラッシング

ブラッシングには、

  • 毛髪の汚れを予め取り除くため
  • 毛髪の絡まりを解きほぐし、抜けるべき抜け毛をすき取り、新しい毛髪の発生を促す。

といった効果があります。

髪のお悩みを持つ方は、ぜひこのブラッシングをしましょう!

予洗いだけで70~80%の汚れが落ちる

予洗いであらかじめ汚れやワックスなどを落としておくと、泡立ちがよくなります。

そして洗浄効果も高まります。
シャンプーの前にはしっかりと予洗いをして、出来るだけ汚れを落としましょう。

お湯の温度は38~40℃が適温です。

予洗い時間の目安としては、一分半~3分ほど入念に行いましょう。

そして手のひらでシャンプー剤を泡立てます。

泡立てる事で、シャンプー剤の摩擦を防ぐ効果もあります。

シャンプーの時にはやさしくマッサージするように動かす

シャンプーの時は指の腹を使ってやさしくマッサージするように洗いましょう。

爪を立てて洗ってしまうと、キューティクルが剥がれてしまいます。

それに、頭皮を傷めてしまう原因にもなるので注意しましょう。

ファーストシャンプーとセカンドシャンプーの仕方!

ファーストシャンプーは、毛髪全体を大まかに洗います。

セカンドシャンプーでは、細かく落としきれなかった汚れを落とます。

すすぎはしっかりと!

すすぎによってシャンプー剤が残ってしまうと、頭皮トラブルや抜け毛・薄毛・ニキビなどの原因になります。

すすぎにかける時間は、シャンプーの2倍ぐらいあってもいいそうですよ。

顔周りや耳の後ろ・首元は、洗い残しになりやすいのでしっかりと洗いましょう!

シャンプー後のケアもしっかりと行いましょう!

ヘアカラーやヘアパーマをしている方は、シャンプー後にリンス・コンディショナー、トリートメントをする事をおすすめします。

以下に使い方についてまとめ。ご参考までチェックしてみてください。

リンス・コンディショナーについて

ヘアトリートメントについて

その後、タオルやドライヤーで乾かして髪の毛をサラサラにします。

まとめ

チエばあ
やはり、髪の毛や頭皮にやさしいシャンプーを選ぶには、ノンシリコーンで低刺激である事が条件のようですね。

それに植物成分由来の自然派のものが、髪の毛の負担にはならないようですね。

そして洗い方も、シャンプーを使ってゴシゴシと洗ってしまうのではなく、やさしく髪の毛を守るようにして洗うといい事が分かりました。

今まで間違えたヘアケアをしているあなた!今日からは、髪の毛をいたわりながらケアしていきましょう♪

それが、「抜け毛」「薄毛」の予防に繋がりますよー。

スポンサードリンク