二の腕のブツブツはこれで治る!改善方法をご紹介!

美容の知恵

スポンサードリンク

二の腕や背中に、ブツブツ?!

痒くはないけど、赤いしなんか気になる・・・。

この物々の招待は一体なんなのでしょうか?

ブツブツの正体と、改善法を調べてみました!

ブツブツの正体と仕組み

ブツブツが出ている二の腕

引用:http://珍ギフト.jp/ninocure-zarapro-kouka-1785

ブツブツの正体って、一体何?虫刺され?アトピーか何かかな?

疑問に、思われた方は多いはずです。

ブツブツの正体を、調べて見ましたよ!

正体は毛孔性苔癬

ブツブツの正体は、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)という皮膚疾患です。

毛孔性角化症の一種で、サメ肌とも呼ばれることがあります。

症状として現れるのは、触るとザラザラした感触、皮膚の毛穴に、1〜3mmほどの大きさのブツブツが、発疹します。

毛孔性苔癬は、赤みのある発疹や、色素沈着して肌が、黒ずむ場合もあります。

仕組み

毛孔性苔癬は、毛穴の中にある毛包(根毛を包む袋)の、角化が進行することで、発症します。

角化とは、細胞分裂により毎日、基低層で、新しい角化細胞が、生まれることを言います。

最終的に新しい角細胞は、皮膚の表面にある、硬い角質になります。

このような角化が、早く繰り返されると、毛孔性化症につながります。

スポンサードリンク

発症しやすい人・場所

ブツブツの正体が、分かりましたね。

次に、発疹しやすい・場所について紹介します。

肥満体の人は、特に発症が目立ちやすいと、言われています。

他にも、

  • 家族内に毛孔性苔癬を発症している
  • 皮膚が乾燥している
  • アトピー性皮膚が発症している方

も、発症しやすいです。また、思春期〜20代ごろに、最も目立つようになります。

発症しやすい場所は、主に二の腕ですが、太ももやおしり、肩甲骨あたりの背部です。

スポンサードリンク

改善方法

体にブツブツが出来たら気になりますよね…。

出来るなら、治したい!

毛孔性苔癬の改善方法は、あるのでしょうか?

スキンケア

美肌ケアと一緒に、スキンケアでブツブツ改善をしましょう!

ピーリング

肌に優しい成分を配合しているピーリングを使い、1ヶ月1回を目安に、角質ケアをしてあげましょう。

硬くなった角質を、取り除く効果が期待されます!

しっかり保湿

お風呂から上がった後は、しっかり保湿をしてあげましょう!

角質層内の、水分不足を防ぐために、保湿ケアは大切です。

特に冬場は、乾燥しやすくなるので、より気をつけてあげましょう。

紫外線から守る

紫外線は、肌のターンオーバーの働きを、低下させてしまいます。

すると、毛穴詰まりの原因になり、毛孔性苔癬を発症しやすい、状態になってしまうのです。

紫外線が強い日は、日焼け止めクリームを塗るなど、紫外線対策をしましょう。

生活改善

生活習慣が乱れていると、肥満体になる原因となり、毛孔性苔癬を発症してしまいます。

毎日の食事が、糖分や脂質が多い人は、野菜や栄養のある食べ物を中心に、心がけましょう

また、運動不足や睡眠不足も、毛穴が詰まりやすくなり、肌のターンオーバーを乱してしまいます。

規則正しい生活が、改善につながっていきます。

美容皮膚科

毛孔性苔癬は、美容皮膚科でも取り扱っています。

治療法としては、グリコール酸などを皮膚に塗り、古くなった角質を、化学的に溶かして、剥がし除去するピーリング。

そして、レーザーやダーマスタンプなどを使い、肌のターンオーバーを活性化させる治療法があります。

スポンサードリンク

まとめ

ブツブツの正体は、肌のターンオーバーが原因からくる、毛孔性苔癬だったんですね。

ずっとニキビなのかな…って思ってましたが、違いましたね。

正体と改善方法が、分かったので、スッキリしました♪

スポンサードリンク