熟成黒にんにくの効能や摂取量の目安は?

生活の知恵

スポンサードリンク

最近、熟成黒にんにくの話題がよくテレビでもとりあげられています。

これだけ注目されている熟成黒にんにくですが、どんなものなのか?という疑問を持っている人も多いと思います。

そして、どんな効能があってどれだけ摂取すれば体に良い影響を与えてくれるのか知りたいですよね。

今回は、熟成黒にんにくとは?効能・摂取量について調べます。

スポンサードリンク

熟成黒にんにくってどんなもの?

b4ce44f17212e639d3f1c5f694ed7a7d_s

熟成黒にんにく?すみません!私は正直どんなものなのか知りませんでした。

単純に黒いにんにくを熟成させた物と思っていました。

でもこんな疑問が・・・黒いにんにくって??そんな色のにんにくってありましたっけ?

調べてみると黒い色のにんにくは存在していませんでした。

熟成黒にんにくとは、生のにんにくを熟成させているもので、色も熟成させている過程で白かったものが徐々に黒い色に変化していくようなのです。

しかし、ただ放置しているだけではもちろん熟成できないので、それなりの条件が必要になってきます。

市販の熟成黒にんにくは、専用の熟成箱で高温・高湿という一定の環境を作り、3~4週間かけてじっくり熟成させて作っています。

この熟成させるにあたって薬品や添加物など一切加えずに生のにんにくだけの使用なので安全です。

スポンサードリンク

熟成黒にんにくの効能とは

添加物など体に良くないものを一切使っていない熟成黒にんにくの効能気になりますよね!

生のにんにくも健康や美容にとって、とても良いというのは有名ですが熟した生にんにくはどうなのでしょうか?

生にんにくは体や美容に良いとわかっているのですが・・・以外と食べれない人が多いです(私もどちらかというと苦手です)

その理由は2つあって、1つは「臭い」ともう1つは「刺激が強く胃腸にくる」です。

生のにんにくを食べると、その後もそうですが次の日にも臭いが残ってしまうので、働いている人にはNGな食材です。

そして、刺激が強いので子供や胃腸が弱い人が食べると下痢や胃痛に襲われるため、生のにんにくを敬遠している人は多いです。

でも熟成黒にんにくは大丈夫なんです!

あの生にんにく独特の臭いが消えて、熟成することで糖度が増して甘酸っぱいドライフルーツのような食感になるんです。

そして胃への刺激もマイルドになるので、胃腸の弱い人や子供でも安心して食べれるように変身するようです。

では、気になる効能を紹介しますね。

生にんにくの栄養素が豊富なのは知られていることですが、熟成黒にんにくはそれ以上に栄養素の量がアップします。

効能としては、細胞の活性化・新陳代謝の促進・アンチエイジング効果・強い殺菌力・免疫力の向上など健康&美容にとても良い効果を与えてくれるのだそう。

スポンサードリンク

熟成黒にんにくの一日の摂取量の目安は?

体に良いと思うと過剰に食べてしまいそうですが、食べ過ぎは禁物です。

薬も大量に飲むと余計に体に負担がかかってしまうので、適度な量を食べる事が大切です。

熟成黒にんにくは、一日に1~2片が摂取目安です。

そして続けて食べることで、健康&美容に効果がでるそうです。

臭いも刺激も生にんにくに比べて極端に少ないのに、栄養素はアップしている熟成黒にんにくはおすすめです。

私も一度チャレンジしてみたいと思います。

スポンサードリンク