温泉旅館での浴衣の着方
楽しい温泉旅行。

旅館に泊まると、身も心もリフレッシュ
するので、知恵ばあも大好きです。

でも、旅館での浴衣の着方、案外
知らない方もいるのでは?
よく、左前になっている方
お見かけします。

女性は浴衣の帯の結び方にも注意したい
ですね。

旅館の浴衣は普通の浴衣とちがう?

Sponsored Links

旅先で温泉旅館に泊まると、
部屋に置いてある同じ柄の浴衣とは別に
選べるものが用意されているところもあり、
女性好みのたくさんの色・柄の中から
好きなものを選べるので人気です。

浴衣姿で周辺を温泉巡りできるところも
あります。
着付けをしてくれるところは少ないので、
ポイントをおさえて着方をマスターしましょう。
旅館に置いてある浴衣は、
夏祭りや花火大会に着ていくものと比べると、
簡易な作りになっています。

正式なものは裾を長さを合わせて、
腰ひもで一旦結び、おはしょり
きちんと処理してから帯を結んだり
しますが、旅館のものは女性用・
男性用で長さを調整してあるものが
一般的ですので、腰ひもなどはなく帯だけで
結ぶことが多いです。

旅館の浴衣の着方、気を付けるポイント

Sponsored Links

旅館の浴衣は、ファッションよりも
寝具=パジャマとしての機能が重視されて
いるものが多いため、デザインや生地が
違います。

通常、浴衣の際はブラジャーを付けない
場合もありますが、旅館の浴衣は
生地は薄いものが多いので、下着はきちんと
つけておいたほうがよいでしょう。

浴衣を着たら一番気をつけるのが、左前に
ならないことです。
自分の右手のほうを先に体に合わせて、
上に左側を重ねます。

右手が合わせた懐に入るようにと覚えて
おくといいですね^^
女性が洋服を着る際の反対ですので、
うっかりして左前にしてしまうと、
死装束になってしまいますので注意しましょう。

浴衣の場合は下に襦袢を着ませんので、
前が開かないようにしっかり合わせます。

帯の結び方は男性なら貝結びになっていると、
すごいと感心されますが、用意されている帯の
種類によりますので、女性は前で蝶結び
して襟が乱れないように右側にずらします

部屋から出るときは、半纏や羽織が
用意されているときは羽織っていくのが
マナーです。

きちんとした着方で、みんなが気持ちよく
過ごせるようにしたいですね^^

Sponsored Links